作溝型の改良播種機によるギニアグラス等の冬作跡への播種

作溝型の改良播種機によるギニアグラス等の冬作跡への播種

タイトル作溝型の改良播種機によるギニアグラス等の冬作跡への播種
要約少量播種できるように改良した播種ロールを装着した、作溝型の播種機ではギニアグラスやスーダングラスを播種できる。ロータリ・播種・施肥・覆土等の工程をほぼ同時に作業でき省力的である。
キーワード作溝型播種機、ギニアグラス、スーダングラス、省力的播種
担当機関(独)農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 畜産飼料作研究部 飼料生産研究室
連絡先0298-38-7756
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい小粒種子のギニアグラスや中粒種子のスーダングラス等を正確に播種し、安定的な定着と生育を確保する省力的播種技術の開発が暖地型牧草の栽培の際の課題となっている。
そこで、耕耘幅4cm、畦幅30cmで逆転ロータリを回転させながら播種・施肥・覆土等の工程をほぼ同時に行う稲・麦用の作溝型の播種機を用いて、ギニアグラスやスーダングラスを冬作跡に播種する省力的な播種技術を開発する。
成果の内容・特徴1.
種子を取り込む播種ロールの溝穴の容積を小さくし、小粒から中粒の種子を播種できる作溝型の播種機を改良した。この改良播種機では、耕耘(逆転ロータリ)幅4cm、条間30cmの6条に、ほぼ同時に播種・施肥・覆土ができる(表1)。
2.
作溝型播種機は、トラクター後方部に3点リンクで直装して、走行する。上部の種子及び肥料の容器から種子と肥料を繰り出しながら、小粒種子のギニアグラスや中粒種子のスーダングラスの省力的な播種作業を行う(図1)。
3.
二条大麦跡に作溝型の播種機で播種したギニアグラスは、播種・施肥後に1~2cmで浅く全面ロータリをかけて鎮圧した簡易播種の場合よりも、安定した定着と乾物生産が可能である(図2)。
4.
二条大麦跡に作溝型の播種機で播種したスーダングラスは、定着が良く、窒素施肥量の増加にともない乾物生産量も増加する(図3)。
成果の活用面・留意点1.
30馬力程度のトラクターを所有する農家が、小粒~中粒の飼料作物種子を省力的に播種する時に活用できる。
2.
ギニアグラスでは約1cm、スーダングラスでは約3cmの播種深さとなるように、覆土の量を調整する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分転作作物・21世紀プロ3系
研究期間1999~2001
研究担当者宮川竜二、佐藤健次、小林良次、服部育男
発表論文1)佐藤ら(2000) 日草誌46(別):80-81.
2)佐藤ら(2002)日草九州支報31(2).32(1)合併号:57-59.
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat