茎葉利用カンショ「すいおう」の収量特性と栄養・機能性

茎葉利用カンショ「すいおう」の収量特性と栄養・機能性

タイトル茎葉利用カンショ「すいおう」の収量特性と栄養・機能性
要約茎葉利用カンショ「すいおう」の地上部は繰返し収穫が可能であり、多収である。ホウレンソウ等と比べ、葉身の栄養性は同等以上、ポリフェノール含量は高い。ラジカル消去能や抗変異原性などの機能性にも優れるため、野菜や機能性食品素材として利用できる。
キーワードカンショ、茎葉利用、ポリフェノール、栄養性、機能性、野菜
担当機関サツマイモ育種研究室
(独)農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 畑作研究部 畑作物変換利用研究室
連絡先0986-22-1506
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらいカンショ茎葉は、一部の地域で葉柄部が食されている以外はほとんど利用されていない。しかし、葉身部には豊富な栄養素が含まれており、アジア各国では野菜として積極的に利用されている。茎葉部の食味に優れる「すいおう」の収量特性および栄養、機能性を評価する。
成果の内容・特徴1.
「すいおう」の茎葉部は繰返し収穫が可能であり、種いもからの栽培では、エレガントサマーやシモン1号より多収で、繰返し収穫による収量の低下が少ない(図1)。
2.
「すいおう」葉身のたんぱく質、食物繊維、ミネラルおよびビタミン含量はホウレンソウと同等以上である(表1)。
3.
「すいおう」葉身のポリフェノール含量は乾燥粉末1g当たり約140μmol(クロロゲン酸相当量)で、他の野菜と比べ高い(図2)。
4.
「すいおう」葉身のラジカル消去活性は高く、ポリフェノール含量と相関がある。また、抗変異原活性は他の野菜より高い(図2、図3)
成果の活用面・留意点1.
野菜の生産が少ない、夏の葉菜(油炒めやお浸し等)として利用できる。
2.
栄養成分およびポリフェノール含量は収穫時期により多少変動する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金
研究期間2001~2003
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat