沖縄本島北部地域における「ひとめぼれ」の良食味安定栽培法

沖縄本島北部地域における「ひとめぼれ」の良食味安定栽培法

タイトル沖縄本島北部地域における「ひとめぼれ」の良食味安定栽培法
要約沖縄本島北部地域の1期作における「ひとめぼれ」の施肥法は分施の場合、穂肥の多量施用は食味低下を招くことから避ける。肥効調節型肥料による全量基肥施用は30~50日タイプ(緩効率50~60%)が適している。なお、食味からみた収穫適期は出穂期から30日後である。
キーワードひとめぼれ、肥効調節型肥料、穂肥、収穫適期
担当機関沖縄県農試 名護支場 水田作研究室
連絡先0980-52-2811
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらい「ひとめぼれ」の長所である良食味性を維持向上するため、食味に及ぼす施肥の影響を把握するとともに「ひとめぼれ」の生育に好適な肥効調節型肥料の選定を試みる。また収穫時期と食味の関係も明らかにし「ひとめぼれ」の低コスト安定生産技術の確立に資する。
成果の内容・特徴1.
慣行肥料(塩加燐安1号)を用いた分施法と食味の関係は、標準区の施肥量を基肥-分げつ肥-穂肥が4-4-2(N成分Kg/10a、栽培基準)とした場合、減肥区と前期重点区および2倍量区では標準区と比較して食味の低下はなく、穂肥を多投入する後期重点区は食味が低下する(図1)。
2.
肥効調節型は供試したいづれの肥料も慣行の速効性肥料より多収となり、緩効率が高く、溶出期間の比較的長い(70日~100日タイプ)ものは食味が低下するのも見られた(図2)。「ひとめぼれ」に好適な肥効調節型肥料は30日~50日タイプである。
3.
「ひとめぼれ」の収穫時期別食味官能調査では、外観、粘り、総合評価の各項目ともに出穂期から30日後の収穫が最も良く(図3)、積算気温は平成11年が793.5℃、平成12年は814.5℃である。
成果の活用面・留意点1.
沖縄本島北部地域の1期作に適用できる。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~2001
研究担当者呉屋光一、大城和久、長嶺由範、比嘉良興
発表論文呉屋ら(2002)沖縄農業研究会第41回大会
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat