ビワ用改良ガス透過量調節フィルムのMA包装によるビワ果実の鮮度保持効果

ビワ用改良ガス透過量調節フィルムのMA包装によるビワ果実の鮮度保持効果

タイトルビワ用改良ガス透過量調節フィルムのMA包装によるビワ果実の鮮度保持効果
要約ビワ「茂木」の果実を、ビワ用改良ガス透過量調節フィルムでMA包装をし、10℃~15℃環境下で貯蔵すると、収穫後約10日間は、果実の減量が少なく食味は保持され腐敗および萎凋の発生はみられない。
キーワードビワ「茂木」、ガス透過量調節フィルム、MA包装、貯蔵、食味、腐敗、萎凋
担当機関長崎果樹試 常緑果樹科
連絡先0957-55-8740
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらいビワ果実は、通常の保存状態では、収穫後6日を経過すると、食味が低下し果皮の萎凋や腐敗の発生が多くみられる。ビワの消費拡大を図るためには、果実鮮度保持技術の開発が望まれている。そこで、青果物用に使用されているガス透過量調節フィルム「Pプラス」を用い、フィルムで果実を密封し袋内のガス組成を低酸素高二酸化炭素状態に調節して果実の呼吸を抑制し、湿度を90%以上に保ち果実からの水分の蒸散を抑制するMA包装の効果を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
ビワ果実の鮮度保持で、食味に最も関係が深い果実形質は、果実の減量率で、次いで果実糖度、果皮色の橙色の濃度である(表1)。
2.
「Pプラス」従来のオレイン酸ポリプロピレン素材は、ビワ包装体内が結露し腐敗等の発生の原因となるので、素材をポリアミド/EVAと紙/EVAに変えることで、透湿性を向上させ結露を防止した。フィルムの酸素透過量を6,900cc/pack・day・atmにすることで、ビワ自身の呼吸とガス透過量のバランスにより包装体内酸素濃度が6~15%となり、呼吸を抑制し品質低下が緩やかになる。
3.
減量率は、MA包装することにより低下し、貯蔵温度が低いほど低下する(表2)。
4.
果実糖度及び食味は、MA包装の貯蔵温度10℃~15℃の低下が少ない(表3、4)。
5.
収穫後12日間は、MA包装により果実の萎凋の発生はみられず、また、腐敗の発生も少ない(データ省略)。
成果の活用面・留意点1.
ビワ果実を流通させる場合には、10℃~15℃の低温が望ましくMA効果も高い。
2.
低温環境から気温の高い室温環境へ移す場合は、果実温度の上昇により呼吸が著しく高まり食味が変化するので、果実温度が急激に変化しないように留意する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1999~2002
研究担当者高見寿隆、山下義昭、田中 敦((株)住友ベークライト)
特許出願(公開)公開特許(A)ビワの鮮度保持用包装体.特許出願公開番号2002-204652
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat