日本ナシ「筑水」の自発休眠覚醒に必要な低温要求量

日本ナシ「筑水」の自発休眠覚醒に必要な低温要求量

タイトル日本ナシ「筑水」の自発休眠覚醒に必要な低温要求量
要約日本ナシ「筑水」の自然条件下での自発休眠覚醒に必要な7.2℃以下の低温要求量は700~750時間である。
キーワード日本ナシ、筑水、自発休眠覚醒、低温要求量
担当機関鹿児島果樹試 北薩支場
連絡先0996-42-0049
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい日本ナシ「筑水」は、成熟期が早く早期出荷が可能な品種であり、県内産地において導入が進んでいる。そこで、栽培適地の判定や施設栽培での加温開始時期を決定する際の指標とするため、自然条件下での自発休眠覚醒に必要な7.2℃以下の低温要求量を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
自然条件下において、7.2℃以下の低温に所定の時間遭遇した「筑水」の3年生ポット植栽樹を、最低温度20℃、最高温度28℃に設定したガラス室に搬入し、加温後40日目までの開花率の推移と開花状況から判断した結果、「筑水」の自発休眠覚醒に必要な7.2℃以下の低温要求量は700~750時間である(図1、図2、表1)。
成果の活用面・留意点1.
低温遭遇時間は年次、地域によって差があるので、地域ごとに秋冬季の11月1日からの7.2℃以下の低温遭遇時間を確認する必要がある。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分国庫委託(超省力園芸)
研究期間1997~2000
研究担当者木崎賢哉、木崎優子、熊本修、坂口徳光
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat