カキ「西村早生」のへたすき・果芯黒変が果実軟化に及ぼす影響

カキ「西村早生」のへたすき・果芯黒変が果実軟化に及ぼす影響

タイトルカキ「西村早生」のへたすき・果芯黒変が果実軟化に及ぼす影響
要約カキ「西村早生」の樹上や収穫後急激に軟化する果実は、健全果に比べて呼吸量が多く、収穫直後からエチレンの発生がみられる。これらの軟化した果実は、後期肥大に伴うへたすきや果実内部が黒変する果芯黒変などの障害が多い。
キーワードカキ、西村早生、軟化、エチレン、へたすき、果芯黒変
担当機関福岡農総試園研 果樹部 落葉果樹研究室
連絡先092-922-4946
区分(部会名)九州沖縄農業
分類科学、普及
背景・ねらいカキ「西村早生」は、樹上や収穫後に急激に軟化する果実が多くみられ、収穫後も日持ち性も悪く、流通上の大きな問題となっている。しかし、これらの軟化に対する防止技術は十分に確立されておらず、発生機構も明らかとなっていない。そこで、「西村早生」の軟化果実の生理的特性を調査し、へたすきや果芯黒変などの果実の障害との関係を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
「西村早生」の樹上軟化する果実の障害要因はへたすきが最も多く、次いで果実の芯が黒くなる果芯黒変が多い(表1)。
2.
収穫始期に出荷された果実の中には、幅は狭いが深さの深いへたすきや果芯黒変のあるものが混在している(図1)。これらの果実は、健全果に比べて、日持ち日数が短い(表2)。
3.
へたすきや果芯黒変のある果実は、健全果と比較して呼吸量が収穫直後から上昇してエチレンが発生し、軟化が始まる(図2、3)。
成果の活用面・留意点1.
「西村早生」の軟化果発生防止対策の参考資料として活用する。
2.
へたすきを防止するため、後期肥大を助長しないようにする。
3.
収穫初期の果実はへたすき・果芯黒変果による軟化が多いので、市場での取り扱いには特に注意する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分経常
研究期間2000~2004
研究担当者牛島孝策、千々和浩幸、巣山拓郎、林公彦
発表論文1)千々和ら(2002)園学雑別2:276.
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat