イチゴ高設栽培におけるpFセンサー制御による排水の出ない水管理

イチゴ高設栽培におけるpFセンサー制御による排水の出ない水管理

タイトルイチゴ高設栽培におけるpFセンサー制御による排水の出ない水管理
要約保水性の高いバーク堆肥・ピートモス等の配合培地を用いたイチゴ高設栽培において、pFセンサーにより活着後pF1.5に制御すれば、排水を出すことなくかん水量を節減した効率的な水管理ができ、その際の吸水量から同培地における最適かん水量を算出できる。
キーワードイチゴ高設栽培、pFセンサー、排水
担当機関佐賀農業セ 土壌環境部 土壌
連絡先0952-45-2141
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい高設栽培システムでは、隔離栽培のため地下からの水分の供給がないこと、1株当たりの培地量が地床に比較して少ないことから、かん水量はやや過剰となりやすい傾向がある。また、土耕と比較して培地の緩衝能は小さいため、地域によっては水道水の利用もみられ、生産コスト面からも効率的な水管理が望まれる。そこで、保水性の高いバーク堆肥・ピートモス等の配合培地を用い、pFセンサーによる簡易で安定かつ効率的な土壌水分管理を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
使用する培地の組成は日向ボラ土35%、赤玉土15%、バーク堆肥10%、ピートモス25%、ヤシピート10%、木炭5%とし、培地量は4.8L/株とする。
2.
かん水には、点滴ドリップチューブを使用する。
3.
pFセンサーを株間深さ10cmに埋設し、かん水タイマーとかん水ポンプの間に接続する。pFセンサーの設定値はpF1.5とし、かん水時刻(9:30、11:30、13:30、15:30)に培地pFが設定値を超えた場合にのみ、ポンプが作動しかん水する。1回のかん水量は0.9t/10a(1株当たり110ml)とする。
4.
1、2および3の条件で管理することで培地のpFは安定的に保たれ、排水は全く排出されない(図1、図2)。このとき、慣行に対し、活着後生育期間を通して、かん水量を約19%減じることができるが、栽培槽内にとどまる水量(吸水量=Σ(かん水量-排水量))は慣行とほぼ同等であるため、減じたかん水量は慣行の排水量にほぼ相当する(表1)。
5.
収量は慣行に対して同等程度である(図3)。
成果の活用面・留意点1.
本成果は品種「さがほのか」を緩効性肥料を用いて栽培し、得られた結果である。
2.
本成果で得られたpF1.5制御のかん水量/株/日は、通常かん水においても最適かん水量の目安として活用できる。
3.
培地の種類や組成、培地量が異なる場合や気象条件によっては、かん水量および排水量は変化すると考えられる。
4.
pFセンサーはテンシオメーター方式であるため、使用開始時の気密性の調整に十分留意する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2002
研究担当者田川毅明、豆田和浩、福田 敬
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat