露地電照栽培に適した小ギクの新品種「沖ひかり」

露地電照栽培に適した小ギクの新品種「沖ひかり」

タイトル露地電照栽培に適した小ギクの新品種「沖ひかり」
要約露地電照栽培に適した秋小ギクの新品種「沖のひかり」を育成した。花色は明るい黄色で、茎は良く伸び、開花揃いは優れる。花房は整い、水揚げ、花持ちも良い。マメハモグリバエの被害は少ない。
キーワード秋小ギク、露地電照栽培、新品種
担当機関沖縄県農試 園芸支場 花き育種研究室
連絡先098-973-5530
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい本県の小ギクの生産は、冬春季の温暖な気象条件を生かして拡大されてきたが、品種に関しては県外種苗会社依存によるパテントの支払いや品種の更新が遅れるなど課題を抱えている。そこで、既存品種より生育旺盛で生産性が高く、切り花品質に優れる小ギクのオリジナル品種を育成する。
成果の内容・特徴1.
新品種「沖のひかり」は、平成11年に園芸支場において、「OHB94-29-6」を種子親、「金秀」を花粉親とする実生集団の中から選抜されたものである。平成12年に系統選抜試験、平成13年に現地適応性検定試験を実施した結果、既存の品種より総合的に優れていると判定された(表1、表2、表3、表4)。
2.
到花日数は、年末出荷型(12月下旬)で約53日、彼岸出荷型(3月中旬)で約56と、「沖の白波」より短く、「秋芳」よりは長い(表1、表2)。自然開花は11月上旬の秋咲きである。
3.
開花揃いは極めて優れる。花の色は明るい黄色で、花の大きさ、花蕾数は「沖の白波」とほぼ同じである(表1、表2)。
4.
伸長性に優れ、切り花長は長い。花房は整い、水揚げ、花持ちも良い。
5.
マメハモグリバエの被害は極めて少ない(表2、表4)。
6.
苗の増殖率が高く、夏季における採苗も容易である。
成果の活用面・留意点1.
沖縄県の冬春期(年末~4月中旬)の露地電照栽培に適する。
2.
年末出荷作型~彼岸出荷作型までは開花揃いが極めて良いが、4月は開花揃いがやや悪くなる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~2001
研究担当者照屋寛由、関塚史朗
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat