トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)の血清学的検出のための抗体作出

トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)の血清学的検出のための抗体作出

タイトルトマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)の血清学的検出のための抗体作出
要約純化したトマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)を抗原として作出した抗体は,ウェスタンブロッティング法およびDAS-ELISA法でトマト黄化葉巻病の罹病葉から特異的にTYLCVを検出できるため,トマト黄化葉巻病の診断に活用できる。
キーワードトマト、トマト黄化葉巻ウイルス、血清学的診断
担当機関福岡農総試 病害虫部 野菜花き病害虫研究室
連絡先092-924-2938
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらい平成8年に九州に発生したトマト黄化葉巻病は,現在,九州管内では大分県および沖縄県を除く全県で発生しており,毎年トマト産地に被害をもたらしている。
トマト黄化葉巻ウイルスはシルバーリーフコナジラミによって容易に媒介されるため,早期診断に基づく罹病株の除去は防除対策上重要である。そのため検体を簡便かつ迅速に診断できる技術が必要とされる。そこで,簡易迅速診断法である血清学的手法に利用するための抗血清(抗体)を作出する。
成果の内容・特徴1.
純化したTYLCV粒子(図1)を抗原として家兎を免疫して作出した抗TYLCV血清は,ウェスタンブロッティング法により罹病葉磨砕液中のTYLCVを特異的に検出できる(図2)。
2.
作出した抗TYLCV血清から精製した抗体(IgG)を用いたDAS-ELISA法によりコーティング用抗体濃度0.5mg/mlでコンジュゲート(アルカリフォスファターゼ標識抗体)濃度2,000倍まで罹病葉磨砕液中のTYLCVを特異的に検出できる(図3)。
成果の活用面・留意点1.
普及現場におけるトマト黄化葉巻病の簡易かつ迅速な診断が可能となる
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分国庫助成(先端技術)
研究期間2001~2003
研究担当者石井貴明、嶽本弘之
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat