生物農薬による常温煙霧機を用いたトマト灰色かび病の省力的防除

生物農薬による常温煙霧機を用いたトマト灰色かび病の省力的防除

タイトル生物農薬による常温煙霧機を用いたトマト灰色かび病の省力的防除
要約常温煙霧機を用いて生物農薬(Bacillus水和剤)を散布することによりトマト灰色かび病を防除でき、この防除方法は作業の省力化の面で実用的である。
キーワード常温煙霧機、生物農薬、灰色かび病、省力化
担当機関鹿児島県農業試験場 病虫部
連絡先099-268-3224
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらいトマトの重要病害である灰色かび病に対して生物農薬の効果的かつ省力的な処理方法を開発するため,常温煙霧機による防除効果を検討する。
成果の内容・特徴1.
生物農薬(Bacillus水和剤)を常温煙霧機を用いてハウス内に散布(10a当たり300g,20倍液)することによりトマトの果実及び葉における灰色かび病の発生を(Bacillus水和剤)の動力噴霧機を用いた防除と同様に低く抑えることができる(図1,2)。
2.
Bacillus水和剤散布後のトマトの葉においてその有効成分であるBacillus属菌の菌量は常温煙霧機と動力噴霧機処理による差は認められず、生葉1g当たり107CFUレベルの菌量が存在する(表1)。
3.
常温煙霧機を用いた散布により水和剤をハウス内に均一に散布でき(図3)、この防除方法は省力的である。
成果の活用面・留意点1.
生物農薬(Bacillus水和剤)は予防的に防除効果を発揮することから灰色かび病の発生前からの散布を行う。
2.
葉への生物農薬の付着が少ない媒介法(マルハナバチによって水和剤を花に媒介させる)との組み合わせによって生物農薬による高い防除効果が期待できる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分国庫(地域実用化)
研究期間1999~2002
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat