大分県におけるIris yellow spot virus (IYSV) によるトルコギキョウえそ輪紋病(仮称)の発生

大分県におけるIris yellow spot virus (IYSV) によるトルコギキョウえそ輪紋病(仮称)の発生

タイトル大分県におけるIris yellow spot virus (IYSV) によるトルコギキョウえそ輪紋病(仮称)の発生
要約2002年3月、大分県国東町の施設トルコギキョウに葉の黄化を伴う激しい輪紋やえそ症状が発生した。病原ウイルスはIYSVと同定され、えそ輪紋病(仮称)であった。圃場内雑草のうちタネツケバナがIYSVに感染する。
キーワードトルコギキョウ、IYSV、えそ輪紋病、ネギアザミウマ、タネツケバナ
担当機関(独)農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 病害遺伝子制御研究室
大分温熱花研 研究指導部
連絡先0977-66-4706
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい花き類では品目や品種の移り変わりが早いため病害虫に関する資料が不足する場合が多く、症状から原因を特定することが困難な場合が多い。トルコギキョウの生産現場で問題となったウイルス症状について、原因を究明し防除対策の資料とする。
成果の内容・特徴1.
発生圃場から採取したトルコギキョウから、電子顕微鏡観察とRT-PCR法によりIYSVが検出され(図1)、えそ輪紋病(仮称)であることが明らかとなった。
2.
トルコギキョウの品種‘ミラ・マリーン4’では上位茎葉に黄化を伴った激しいえそ症状が、‘浜の雪’では大型の輪紋症状と葉の枯れ上がりが主な症状である(図2)。
3.
えそ輪紋病(仮称)の発生はトルコギキョウを栽培している3圃場で確認された。3圃場ではいずれもアザミウマ類が多発生しており、アザミウマ類による被害株率は100%であった。また、本病の多発生圃場ではネギアザミウマが主体であった(表1)。
4.
RT-PCRによる検定の結果、本病が発生している圃場で採取したえそ斑が認められる雑草のうち、タネツケバナがIYSVに感染していることが判明した。また、トルコギキョウから分離したIYSV株をタネツケバナに接種した結果、えそおよび輪紋症状が再現され、RT-PCR法によりIYSVが再検出された。このことから、タネツケバナがIYSVの感染源となり得る(図3、図4)。
成果の活用面・留意点1.
類似の病徴を示すウイルスが他にもあり、病徴からIYSVであることは判断できないので、診断は専門機関に依頼する。
2.
発病株を除去する。
3.
タネツケバナは感染源となる可能性があるので、発生に注意し除草に努める。
4.
IYSVは、国内ではこれまでにアルストロメリア、タマネギ、バルビネ、アマリリス、クリビア等でも発生が確認されているので、他の品目での発生にも注意する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究担当者岡本潤、奥田充、岩波徹
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat