ソリダゴさび病(新称)の病原菌と夏胞子発芽 温度

ソリダゴさび病(新称)の病原菌と夏胞子発芽 温度

タイトルソリダゴさび病(新称)の病原菌と夏胞子発芽 温度
要約ソリダゴさび病(新称)の病原菌はColeosporium solidaginis Thum.ex Arth.である。さび病菌の夏胞子は15~25℃で良く発芽するが、10℃以下または27.5℃以上では急激に発芽率が低下する。
キーワードソリダゴ、さび病、Coleosporium solidaginis、夏胞子、発芽温度
担当機関鹿農試大島 病害虫研究室
連絡先0997-52-3545
区分(部会名)九州沖縄農業
分類科学、参考
背景・ねらいソリダゴは、1991年以降、沖永良部島や与論島を中心に盛んに栽培されている。しかし、葉や茎にさび症状を示す病害が発生し、商品性を損ねるため大きな問題となっている。そこで、さび症状の原因究明のために病原菌の同定と夏胞子の発芽温度を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
ソリダゴに発生するさび症状は、葉の表裏、葉柄、茎に発病し、始めは黄色い微小斑で、次第に病斑が裂開し中から黄色~オレンジ色の夏胞子を多数形成する(図1-左)。病斑は葉裏の方が多く、葉表は黄色い小斑で止まる場合が多いが、葉表の病斑上にも夏胞子が認められる場合もある。激しく発病すると葉は枯死する。
2.
本菌の夏胞子は鎖状に形成され、長円形~倒卵形、または洋梨型で表面に多数の突起を有し、成熟した夏胞子は黄色~オレンジ色で、大きさは25-33×18-24μmであった(表1、図1-右)。これらの特徴から本菌はColeosporium属菌と考えられる。
3.
本菌は、同属のセイタカアワダチソウに病原性を示すが、スプレーキクには病原性を示さない。
4.
本菌は、セイタカアワダチソウさび病菌と夏胞子の形態的特徴が一致し、セイタカアワダチソウに病原性を示すことから、セイタカアワダチソウさび病菌(Coleosporium solidaginis Thum.ex Arth.)であると同定する。
5.
本菌は、ほ場周辺雑草のセイタカアワダチソウにさび病が発生すると伝染源になる。
6.
本菌の夏胞子を素寒天平板培地上で4時間静置した胞子発芽調査では、15~25℃の範囲では50%以上の発芽率を示し、25℃では83%と最も高い発芽率を示した。10℃以下および27.5℃以上では急激に発芽率が低下し、5℃と30℃では全く発芽しない(図2)。
成果の活用面・留意点1.
夏胞子は高温で発芽しないため夏季には発病が少ないが、夏季の育苗は寒冷紗被覆下で行われるため、育苗中に発病が見られる場合がある。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2001
研究担当者鳥越博明、尾松直志
発表論文尾松・鳥越(2002)九病虫研会報 48:42-45.
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat