鹿児島県におけるカンキツグリーニング病の初発生

鹿児島県におけるカンキツグリーニング病の初発生

タイトル鹿児島県におけるカンキツグリーニング病の初発生
要約カンキツグリーニング病は、鹿児島県では大島郡与論町において2002年4月4日に発生が初めて確認された。
キーワードカンキツ、グリーニング病、与論町
担当機関鹿児島果樹試 病虫研究室
連絡先0994-32-0179
区分(部会名)果樹
区分(部会名)九州沖縄農業
分類行政、参考
背景・ねらいカンキツグリーニング病は、国内では沖縄県で1988年に初めて発生が確認され、1997年8月に沖縄県からの果実を除くカンキツ類及びミカンキジラミの移動規制措置が取られ、現在に至っている。しかし、鹿児島県最南端の与論島は、沖縄本島北部と直線距離で洋上をわずか28km隔てているだけで、本病の侵入が危惧されていた。
そこで、2002年3月から6月に、与論島内の庭先カンキツを中心に257地点の2,850本について、本病の肉眼診断とPCR検定を実施した。
成果の内容・特徴1.
カンキツグリーニング病は、鹿児島県では2002年4月4日に大島郡与論町において発生が初めて確認された。
2.
肉眼診断で罹病が疑われた264本をPCR検定(遺伝子診断)した結果、60本が陽性反応を示し、検定樹の22.7%、全調査樹の2.1%が罹病樹である(表1)。
3.
罹病樹は30地点で確認され、島内の全域に分布している。特に、南東部では頻度が高い傾向である(表1、図1)。
4.
罹病樹は、病徴を大津ら(1998)により分類すると、タイプIII及びタイプII+III、タイプIII+Vが多く観察される。
5.
罹病している品種は、オウトウなど在来種をはじめ、タンカン等多岐に渡り、樹齢は、5年生から50年生以上に及んでいる。
成果の活用面・留意点1.
カンキツグリーニング病の分布拡大の一面を明らかにしたもので、行政的措置の基礎資料となる。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2005
研究担当者濱島朗子、橋元祥一、牟田辰朗
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat