トラクタに搭載したパソコン画面を見ながら行う田面の簡易均平化作業システム

トラクタに搭載したパソコン画面を見ながら行う田面の簡易均平化作業システム

タイトルトラクタに搭載したパソコン画面を見ながら行う田面の簡易均平化作業システム
要約大区画水田における局所的な不陸は、掘削・盛土する位置とその土量とをパソコン画面上に表示する運土ナビゲーションシステムをトラクタに載せ、その画面を見ながらトラクタ後部のトラクタダンプを操作することにより、1人で容易に修正できる。
キーワード均平、大区画水田、運土ナビゲーションシステム、トラクタダンプ、GPS
担当機関熊本農研セ 農産園芸研 農業工学部
連絡先096-248-6447
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらい基盤整備後の大区画水田において、盛土部の不等沈下や圃場周辺の交通条件等により不陸が発生する圃場がある。均平でない圃場は水管理が困難で生育ムラが発生し、雑草が繁茂しやすく、直播・不耕起等の低コスト栽培の妨げとなるため、営農段階での効率的な均平技術の開発が望まれている。そこで、田面の均平度を測定し、掘削・盛土する位置とその土量とをパソコン画面上に表示する運土ナビゲーションシステムによる均平化作業システムを開発する。
成果の内容・特徴1.
運土ナビゲーションシステムは、ノートパソコンと位置を認識するGPSセンサーとからなり、運転席前面の視認できるところに置かれたパソコン画面上に、予め均平度測定・入力してある田面の凹凸マップと参照して、掘削・盛土する位置とその土量を表示するものである(図1)。
2.
画面には、i)各100m2メッシュ内の掘削・盛土量および掘削運土回数と、ii)作業量(土量×距離)が最小となる運土ルートが後述のトラクタダンプ10mあたりの掘削量に基づいて演算・表示されるほか、自車位置、移動先、掘削盛土回数も表示され、作業進捗状況を一目で確認できる。また、トラクタを停止した状態で運土操作をシミュレーションすることもできる。
3.
トラクタの後部にはトラクタダンプが3点リンクヒッチで懸架されており、トラクタ運転者(オペレータ)は、このトラクタダンプをパソコン画面の指示に従って上下動させ、掘削・運土・放土作業を行う(図2)。このトラクタダンプは底に取り付けられている溝型掘削板で土を掻き取って荷台に載せるものであり、少量の土量でも確実に掘削・運土できることや、標高が高いエリアから低いエリアに効率的に運土できることや、1回あたりの運土量を容易に把握できるといった特徴を有している(図3)。
4.
凹凸マップは、圃場を縦横10mメッシュに切ったときの交点の標高を均平度測定装置(図4)により測量して地図上にプロットしたものである。均平度測定装置は水平位置を測るGPSセンサーと田面の高低差を測る直線変位センサー、これら計測値を記録するパソコンとからなり、測定位置を画面上で確認しながら1人で測量できる。
5.
均平調査および掘削運土作業能率は、それぞれ1.0hr/ha、3.2~6.6hr/ha程度である(表2)。
成果の活用面・留意点1.
掘削量が分かる場合、トラクタダンプ以外の掘削運土作業機を使用可能である。
2.
均平度調査から掘削運土作業は、土の状態が硬くヒコバエの短い収穫後早期に行うものとする。
3.
地山を基準とした土の単位体積重量変化率にも対応可能である。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分県単、受託(九州農政局資源課)
研究期間1999~2002
研究担当者下門久、兼子健男、石氷泰夫、倉岡孝幸、村川雅己
発表論文1)村川・兼子(2001)農業土木学会九州支部講演集 82:17-18
2)倉岡ら(2002)農業土木学会九州支部講演集 83:101-102
3)村川(2002)機械化農業 2:13-16
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat