高畝マルチ栽培の早生ウンシュウにおけるクエン酸資材施用による樹勢維持と減酸促進

高畝マルチ栽培の早生ウンシュウにおけるクエン酸資材施用による樹勢維持と減酸促進

タイトル高畝マルチ栽培の早生ウンシュウにおけるクエン酸資材施用による樹勢維持と減酸促進
要約高畝マルチ栽培の早生温州において、発根期にクエン酸資材を土壌施用することで、根活性が高まり、葉色は高い値で維持され、果実の減酸も促進される。
キーワードウンシュウミカン、クエン酸資材、樹勢維持
担当機関佐賀果樹試 常緑果樹研究室
連絡先0952-73-2275
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらいマルチ等の樹体への乾燥ストレスの付加によって高品質果生産を図る場合、樹勢の低下や減酸の不良といった問題が生じる場合があり、特に高畝マルチ栽培では樹体への乾燥ストレスの付加程度が強く、それらの問題が生じやすい。そこで、クエン酸資材施用により樹勢維持と減酸促進を図る。
成果の内容・特徴
  1. クエン酸資材施用によって、施用後より根活性が高まり、夏季の高温乾燥時においても高い活性を維持する(表1)。
  2. 生育期間中の葉色は、無施用樹より高い値で推移する(図1)。
  3. 果実品質は夏季より果実の減酸が促進され、収穫期の果実酸度は対照区より低い。また、果実糖度は対照区とほぼ同様かやや高い値となる(図2、表2)。
成果の活用面・留意点
  1. クエン酸資材は商品名`コンリキ'(有機酸25%含有)で、500倍液を5月中旬より10日おきに2回程施用する。施用液量は10a当たり4~5t/回を目安とし、植栽本数や樹の大きさによって加減する。
  2. 資材の施用時期は、露地栽培では開花後の5月中旬を目安とし、発根期に遅れないようにする。また、不知火においては、夏枝発生後の発根期における施用も減酸や樹勢維持に効果的である。
  3. 本試験では希釈液を散水施用しているが、土中かん水や点滴かん水施設を利用することで、省力的な施用が可能と考えられる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~2002
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat