ヒリュウ台「白川」幼木期の省力的施肥法

ヒリュウ台「白川」幼木期の省力的施肥法

タイトルヒリュウ台「白川」幼木期の省力的施肥法
要約肥効調節型肥料施用により、ヒリュウ台「白川」の幼木期の年間施肥回数を慣行(有機配合肥料施用で2~8月で毎月、10月に1回の合計8回)の1/4に低減し、窒素の投入量を21%削減できる。
キーワードウンシュウミカン、ヒリュウ台、未結果期、環境負荷低減、省力化
担当機関熊本農研セ 果樹研 病虫化学研究室
連絡先0964-32-1723
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい普通ウンシュウ「白川」は高糖系で品質良好であるが、樹勢が強いため、ヒリュウ台の利用が好ましい。そこで、ヒリュウ台「白川」の早期成園化を、省力的でかつ環境負荷が少なく図れる施肥法を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 肥効調節型肥料区は、3月施用が有機配合肥料・現行基準量区の3~9月分の7割施用、10月施用が同量施用で、窒素の投入量を21%削減できる(表1)。
  2. 肥効調節型肥料区は、肥効調節型・均等溶出・基準量区以外では、有機配合肥料・現行基準量区と比較して、ほぼ同等の生育である。有機配合肥料区では、3割増量区が現行基準量区に比べ、幹周が大きく、伸び率も高い(表2)。
  3. 地上部および地下部の総重量は、有機配合肥料区より肥効調節型肥料区が大きい傾向である。有機配合肥料区より肥効調節型肥料区がT/R率(地上部重/地下部重)が低く、地下部の生育が良い傾向である(表3)。
  4. 樹容積は、有機配合肥料・基準量区と肥効調節型肥料施用区で差はなく、肥効調節型肥料の均等溶出タイプと6月重点溶出タイプの差も見られず、また、基準量と3割減量による差もほとんど見られない(表2、表3)。
  5. ほ場試験で、6月下旬から7月上旬の梅雨期の土壌からの排水(深さ50cm)中の硝酸態窒素濃度は、肥効調節型肥料均等溶出・3割減量区が有機配合・基準量区に比べ低く、水質への施肥窒素の負荷を低減できる(データ略)。
成果の活用面・留意点
  1. ヒリュウ台普通ウンシュウミカン栽培に適用する。
  2. 肥効調節型肥料は地温に窒素の溶出速度が強く影響されるので、3月施用の時期を厳守する。施肥時期を逸した場合は、肥効調節型肥料ではなく有機配合肥料を施用する。
  3. 肥効調節型肥料施用の場合の土壌条件は問わないが、土壌が過乾のときは窒素の溶出やその根群域への浸透が遅れるおそれがあるので、かん水等により肥料の溶出を促す。
  4. 肥効調節型肥料施用の場合の減肥割合は、堆きゅう肥の種類、施用量並びに土壌診断結果を考慮する。
  5. 資材費は、有機配合肥料の9割程度である(データ略)。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分助成試験(地域基幹)
研究期間1999~2001
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat