根域制限シートへの成木移植後の結果母枝確保に必要な摘葉率

根域制限シートへの成木移植後の結果母枝確保に必要な摘葉率

タイトル根域制限シートへの成木移植後の結果母枝確保に必要な摘葉率
要約移植直前に1~2年生枝を全摘葉することで、省力的に移植後の花の発生を少なくし、優良な結果母枝が確保でき、その翌年から収穫が可能となる。
キーワード黒ボク土壌、日南1号、移植、根域制限、せん除
担当機関宮崎総農試 果樹部 常緑果樹科
連絡先0985-73-7099
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい根域制限シートを敷設し、移植することで、極早生温州ミカンの高糖度果実の安定生産を図ることが可能となるが、移植時のせん定程度と着花、新梢発生との関連を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 20、50%せん除区に比較して、100%せん除することにより着花はほぼ完全に抑えられ、春枝は発生本数に差は無いものの有意に長いため総伸長量も長い。個葉の面積・色・窒素濃度に差は無い(表1)。
  2. 夏枝発生数は変わらないものの、葉数が多く長い。葉面積、葉色、葉中窒素は処理による差は無い(表2)。
  3. 100%せん除区ではせん定に要する時間は長くなるが、摘果に要する時間がないので、省力的である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 本試験成績は黒ボク土壌において、透水性の不織布で作られた根域制限シート上(土量900L/樹、畝側面高30cm、畝頂部高45cm、畝幅130cm)に、2001年3月(樹齢8年生)に移植し、移植当年は無着果で管理した結果である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2003
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat