減肥茶園における少雨時のかん水による施肥の効率化

減肥茶園における少雨時のかん水による施肥の効率化

タイトル減肥茶園における少雨時のかん水による施肥の効率化
要約茶園において、少雨時にかん水を行い土壌水分を適正に保つと、施肥資材等からの窒素の供給が順調に進み、土壌中無機態窒素量が高い値で推移する。また、新芽の生育量は大きく、全窒素含有率も高くなり、施肥削減に有効である。
担当機関福岡農総試 八女分場 茶チーム
連絡先0943-42-0292
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい施肥資材等の窒素肥効の発現には地温や土壌水分等が影響するが、特に少雨乾燥年では、窒素肥効の発現が想定通りに進まず、施肥基準の見直しで施肥削減が進む中、茶の収量、品質への影響が懸念されている。
そこで、少雨時にかん水を行うことが、茶の生育、品質及び土壌中無機態窒素量に及ぼす影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 降水量が少なく土壌が乾燥する時にかん水を行い、生育に適正な土壌水分(pF2.3以下)を保つことで、うね間土壌中の無機態窒素量は高い値で推移する(図1、図2)。
  2. かん水により土壌水分を適正に保つことで、被覆尿素の窒素溶出は無かん水に比べて順調に進む(図3)。
  3. かん水管理を行うと茶芽の生育が旺盛となり、新芽中の全窒素含有率も高くなることから、少雨時のかん水は施肥削減に有効である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 少肥条件下で、少雨時の茶園管理のための技術資料として活用できる。
  2. 赤黄色土茶園において試験した結果である。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2000~2002
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat