カンショβ-アミラーゼの酵素製剤としての利用

カンショβ-アミラーゼの酵素製剤としての利用

タイトルカンショβ-アミラーゼの酵素製剤としての利用
要約カンショ塊根より抽出・濃縮したβ-アミラーゼは、大豆由来の酵素と同様にマルトース製造における酵素製剤としての利用や澱粉の老化防止剤として利用可能である。
キーワードカンショ、β-アミラーゼ、酵素製剤、マルトース生産
担当機関(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター 畑作研究部 畑作物変換利用研究室
連絡先0986-22-1506
区分(部会名)九州沖縄農業
専門流通加工
分類技術、普及
背景・ねらいカンショ塊根はβ-アミラーゼを含有しているが低含有量や酵素の安定性等の問題からほとんど利用されていない。そこでカン ショ塊根の新需要促進の一環として、澱粉の糖化や老化防止のための酵素製剤としてのβ-アミラーゼの利用可能性を明らかにし、資源の有効利用に資する。
成果の内容・特徴
  1. 九系91193-2、九州140号、サニーレッドはシロユタカの約2倍以上のβ-アミラーゼ活性を示し、酵素製剤製造用品種として有望である(図1)。九州140号の水抽出画分凍結乾燥品は市販の小麦フスマや大豆酵素製剤より高い酵素活性を示す(表1)。
  2. 九州140号、サニーレッドは貯蔵(12~15℃)により、急速にα-アミラーゼ活性が上昇する(図2)。
  3. 試作したカンショβ-アミラーゼ製剤に耐熱性枝きり酵素を加えてマルトース生産を試みると、65℃(反応時間48時間)および70℃(反応時間24時間)の反応でも80%以上の安定したマルトース生産が維持されている。耐熱性の低い大麦由来β-アミラーゼでは、65℃(反応時間48時間)でマルトース生産量が約半分以下に低下する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 澱粉製造で排出される残渣の有効利用として、β-アミラーゼ製剤は調製できる。
  2. カンショ塊根搾汁液中に混在するα-アミラーゼの除去が必要な場合は、低pHで加熱処理する連続失活処理法が確立されている(データ省略)。
  3. 企業で製品化が進められている。
具体的データ
図1
図2
表1
図3
予算区分新需要プロジェクト
研究期間1998~2000
研究担当者吉元 誠、熊谷 亨、山川 理、時村金愛(鹿児島農試)、多田周作(大和化成(株))
特許出願(公開)特願2003-283715 平成15.7.31
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat