ピーマンの雨よけ栽培における側枝の間引きによる収量調節技術

ピーマンの雨よけ栽培における側枝の間引きによる収量調節技術

タイトルピーマンの雨よけ栽培における側枝の間引きによる収量調節技術
要約
キーワード ピーマン、雨よけ栽培、収量、平準化、間引き
担当機関大分農林水産研野茶 野菜担当
連絡先0974-22-0671
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらいネット誘引によるピーマンの雨よけ栽培では、ハウス内が最も高温になる夏季に収穫ピークをむかえ、作業負担が最も大きくなる一方で、生産量が増加することから単価が低下するため、労働効率は最も低くなる。このため、夏季の着果量を制御することで全体の作業負担の軽減と、労働効率の改善が必要と考えられる。そこで、夏季の着果量を制御するための収量調節技術を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 着果量を制御する方法は、1次分枝節から第3~4節目の位置で側枝の3割程度を間引いた場合(図1)に、ピーク時期の収量を抑制され、月別収量は最も平準化する(図2)。
  2. 間引きの時期は7月中旬に行った場合、月別収量は最も平準化する(図3)。
  3. 間引き後は、日照条件や栄養条件が改善されて果形が良好になり、A品率が向上する(図3)。
  4. 側枝の先端の3割程度を一斉に摘心した場合は、側枝の間引き方法に比べ、8月の収量の減少が著しい(図3)。
  5. 間引きした場合の総収量は、対照とほぼ同等であるが、高単価時期の収量が増加するため販売額は増加する(表1)。
  6. 間引き作業には20時間/10a程度要するが、収穫に要する時間が減少するため、合計の作業時間では同程度である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 間引き時期の目安は、3月下旬定植で7月中旬の節数が15~17節の場合を基準としている。定植時期や初期生育の状態が異なる場合は、間引き時期を調節する。
  2. 草勢が弱い場合は、間引きにより著しく減収する場合もあるので行わない。

具体的データ
図1
図2
図3
表1
予算区分県単
研究期間2002~2006
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat