耐暑性が高く電照抑制栽培に適する夏秋スプレーギク5品種

耐暑性が高く電照抑制栽培に適する夏秋スプレーギク5品種

タイトル耐暑性が高く電照抑制栽培に適する夏秋スプレーギク5品種
要約 電照抑制栽培による8、9月開花作型に適した夏秋スプレーギク5品種を育成した。
キーワード キク、夏秋スプレーギク、耐暑性、長日開花性、育種
担当機関鹿児島バイテク研
鹿児島農試 花き部
連絡先0993-35-0210
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらいスプレーギクは周年生産化が進み、夏秋スプレーギクは周年生産のために不可欠の品目であるが、暖地に適した品種がほとんどなく、産地からも耐暑性に優れた品種の育成が切望されていた。そこで、夏期の安定生産を図るために、耐暑性に優れ暖地に適した夏秋スプレーギクの品種育成を行う。
成果の内容・特徴平成13年に鹿児島バイテク研にて交配し採種、平成14年には種及び個体選抜を行った。平成15年に鹿児島県農業試験場花き部にて系統選抜、平成16年に花き部の露地ほ場にて季咲き、施設において8月開花、9月開花の試験を行った結果、耐暑性があり、電照抑制が可能な5系統を選抜し、品種登録を行った。これら5品種の特性は以下のとおりである(表1、表2、表3)。
「サザンパイン」
花色はレモンイエローで一重咲きの緑心。茎葉のボリュームがあり、開花揃い良い。高温、長日条件でも開花は比較的安定している。山川町での季咲きは6月中旬である。
「サザンアップル」
赤の二重咲き。茎の伸長が良い。高温長日条件でも開花が安定している。種苗生産量が多い。山川町での季咲きは6月下旬である。
「サザンアプリコット」
橙桃(アプリコット)の二重咲き。高温になるほど開花が早まる傾向がある。無摘心栽培でも草姿が乱れない。山川町での季咲きは6月下旬。
「サザングレープ」
ピンクの二重咲き。到花日数が安定しており、揃いも良い。水揚げ、種苗生産量が多い。茎の伸長がよい。山川町での季咲きは7月上旬である。
「サザンコスモ」
薄桃色の二重咲き。草丈、開花の揃いが良い。山川町の季咲きは6月中旬である。
成果の活用面・留意点
  1. 電照抑制栽培により計画生産や作期拡大を行うには、栽培地での伸長性、到花日数、季咲き時期等を十分把握し、作型や定植時期を決定する。
  2. 8、9月開花作型における電照は暗期中断の4時間以上が必要である。
  3. 親株は冬期に十分低温に遭遇させ、伸長を始めたら電照を開始する。

具体的データ
表1
表2
表3
図1
予算区分県単
研究期間2001~2004
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat