春キャベツ後作における水稲中生品種「秋音色」の早植栽培技術

春キャベツ後作における水稲中生品種「秋音色」の早植栽培技術

タイトル春キャベツ後作における水稲中生品種「秋音色」の早植栽培技術
要約 「秋音色」を早植栽培(5月中旬移植)すると、春キャベツとの栽培体系が可能である。その場合、疎植栽培が有効であり、施肥は残さ物の窒素発現を考慮し、基肥及び晩期穂肥を省略しても慣行栽培並みの収量が確保出来る。
キーワード イネ、秋音色、春キャベツ後作、疎植栽培、施肥法
担当機関熊本県農研セ 農産園芸研究所 作物研究室
連絡先096-248-6444
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい熊本県育成水稲品種「秋音色」は半糯で、多肥栽培でも品質への影響が少ないことから、平坦肥沃地やいぐさ・たばこ後作の晩期栽培が行われているが、その作付面積は約140haに留まっている。そこで、新たな作付けによる普及拡大を図るため、平坦地の春キャベツ後作栽培を想定した早植栽培(5月中旬移植)の適合性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 「秋音色」を早植栽培(5月中旬移植)すると、成熟期は9月中旬となり春キャベツとの栽培体系が可能である(図1)。
  2. その場合、疎植条件(13.3株/m2)においても収量は、標準栽植密度(18.5株/m2)とほぼ同等である(図2)。
  3. キャベツ後作おける施肥法では、残存窒素の影響は少ないが、キャベツ残さ物の窒素発現により生育中期から葉色が濃く推移し、籾数の確保と十分な登熟が図られ、基肥及び晩期穂肥を省略しても標準施肥とほぼ同等な収量が得られる(表1、図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 本試験は灰色低地土壌において中苗移植栽培で行った結果である。
  2. 生育後期に窒素発現が盛んになるので、中干しの実施や間断灌水による水管理で生育制御を行う必要がある。

具体的データ
図1
図2
表1
図3
予算区分県単
研究期間2004~2006
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat