小麦の早播栽培における外観品質、無機成分、製粉特性

小麦の早播栽培における外観品質、無機成分、製粉特性

タイトル小麦の早播栽培における外観品質、無機成分、製粉特性
要約 小麦を11月上旬に早播した場合、適期播に比べて収量や検査等級に明らかな差はみられない。早播は、原麦灰分は高く、粉の色相は劣り、K、Ca、Mgの無機成分含有量は高まる。
キーワード
担当機関福岡農総試 農産部 栽培品質チーム
連絡先092-924-2937
区分(部会名)九州沖縄農業
分類研究、参考
背景・ねらい九州北部では、小麦の収穫期が梅雨期に入ることがあり、降雨による収量、品質の低下が大きな問題となっていることから、収穫時期を早めるための早播栽培の確立が重要である。そこで、主力品種、有望系統を供試して、小麦の早播栽培における生育、収量および外観品質、子実成分との関係を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 早播の11月4日播きは、適期播きの11月25日播と比べて出穂期は10~12日早まり、成熟期は5~6日早まる(表1)。
  2. 11月4日播きは、11月11日播きや25日播きと比べて収量や検査等級に明らかな差は認められない。11月4日、11日播きはm2当たり粒数がやや少なく、容積重は重い傾向にある(表1)。
  3. 人工的処理による穂発芽率は早播の場合に有意に高まる。フォーリングナンバー値やタンパク質含有率は品種による差が大きく、播種時期による差は認められない(表2)。
  4. 原麦灰分は播種時期による差が大きく、早播で有意に高まる。粉の色相は品種による差が大きいが、早播した場合は劣る。無機成分は播種時期によって変動し、早播ではK、Ca、Mg含有量が高まる(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 早播栽培における品種選定や収量、品質向上のための知見として活用できる。

具体的データ
表1
表2
予算区分国庫受託(ブラニチ1系)
研究期間2002~2005
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat