9月下旬播種で年内の出穂が早い耐倒伏性エンバク新品種「九州14号」

9月下旬播種で年内の出穂が早い耐倒伏性エンバク新品種「九州14号」

タイトル9月下旬播種で年内の出穂が早い耐倒伏性エンバク新品種「九州14号」
要約エンバク「九州14号」は、出穂性、耐倒伏性、冠さび病抵抗性が改良された品種である。既存品種よりも出穂が早く、9月下旬に播種しても年内の出穂程度が高く、多収である。
キーワードエンバク、夏播き栽培、耐倒伏性、年内出穂、飼料作物育種
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 周年放牧研究チーム
連絡先096-242-7754 / masaaki@affrc.go.jp / masaaki@affrc.go.jp
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)九州沖縄農業
専門畜産草地(草地飼料作)
分類技術、普及
背景・ねらいエンバク極早生品種を用いる夏播き栽培は年内に出穂させて収穫する作付けで、その播種適期は9月上旬とされている。しかし、エンバクの播種作業は、天候や各種作業の影響で遅れることが多く、既存品種では年内の出穂が不安定で、出穂に至らない場合があり、播種が遅れた場合でもより安定して出穂し、収量性が確保できる品種が求められている。そこで、既存品種より出穂が早く、九州の低標高地で9月下旬に播種しても年内の出穂程度が高い多収品種を育成する。
成果の内容・特徴
  1. 「九州14号」は、夏播き栽培で安定して出穂する「九州1号」を母とし、耐倒伏性や冠さび病抵抗性に優れるCoker 87-9(アメリカの品種)を父として行った組み合せから九州沖縄農業研究センターで育成された。
  2. 出穂は、夏播き栽培の標準播きで既存品種の中で最も早い「はえいぶき」や「スーパーハヤテ隼」より5日以上早い(表1)。9月下旬に播種した場合でも、出穂は既存品種より明らかに早く、出穂程度も高い(写真1、表2)。
  3. 倒伏程度は「はえいぶき」や「スーパーハヤテ隼」より小さく、耐倒伏性に優れる(表1)。
  4. 夏播き栽培(標準播き)での乾物収量は「はえいぶき」比97%であるが(表1)、9月下旬に播種した場合は「はえいぶき」比108%である(図1)。また、秋播き栽培(西南暖地で11月播種、翌春に乳熟-糊熟期刈り)では「はえいぶき」比108%の多収である(表1)。
  5. 重要病害である冠さび病に対する抵抗性は「極強」であり、各種病害には既存品種と同程度の抵抗性を示す(表1)。
  6. 粗タンパク含有率は「はえいぶき」よりやや低いが、穂重割合が高く、推定TDN含量は「はえいぶき」よりやや高い。(表1)。
  7. 精選種子重は「はえいぶき」より多く、採種性は問題ない(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 本品種は「はえいぶき」の後継としての利用が期待される。九州を中心とする低標高地域を適地とするが、既存の極早生品種を栽培できる地域では本品種も利用可能である(普及見込み面積は1,000ヘクタール)。
  2. 従来の夏播き用品種より遅播きが可能であるため、イタリアンライグラスとの混播などでエンバクで年内の収量を確保する栽培に適する。
具体的データ
表1
写真1
図1
表2
予算区分基盤
予算区分えさプロ
予算区分ジーンバンク
研究期間1994~2006
研究担当者桂 真昭、我有 満、松浦正宏、長谷 健、上山泰史、松岡秀道、後藤和美、小橋 健
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat