秋輪ギク品種「新神」のDNAマーカーによる品種識別

秋輪ギク品種「新神」のDNAマーカーによる品種識別

タイトル秋輪ギク品種「新神」のDNAマーカーによる品種識別
要約 レトロトランスポゾン配列からSTS化したDNAマーカーにより、鹿児島県育成の秋輪ギク品種「新神」と原品種「神馬」及び「神馬」の枝変わり品種等を迅速、簡便に識別できる。
キーワード 秋輪ギク、品種識別、DNAマーカー
担当機関鹿児島バイオ研
中央研
理化学研究所 仁科センター
連絡先0994-62-4112
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらいイオンビームを用いた変異誘発により育成した秋輪ギク品種「新神」は、原品種「神馬」と比較して側枝の発生が少なく、花弁数が多くボリュームがあるといった特性を有しており、白系秋輪ギクの主力品種として期待されている。鹿児島県は「新神」の県外への栽培許諾を開始しており県外でも「新神」の栽培が増えつつあるが、種苗法に違反した栽培や種苗増殖、海外からの違法な輸入を防止するため、DNAマーカーによる「新神」の品種識別技術を開発する。
成果の内容・特徴
  1. キクのレトロトランスポゾン配列を利用してSTS化したDNAマーカーにより、「新神」と原品種「神馬」及び「神馬」の枝変わり品種等を識別できる。
  2. PCRの増幅パターンは、「新神」では410bpの1本のバンドが増幅されるのに対して、「神馬」及び「神馬」の枝変わり品種等では410bpと640bpの2本のバンドが増幅される。640bpのバンドの有無を解析することにより、「新神」と他の白系輪ギク品種を識別できる(図1)。
  3. 「新神」に再度イオンビームを照射し、低温開花性を付与した11選抜系統についても、「新神」と同様の増幅パターンを示しており(図2)、本DNAマーカーは、栄養繁殖や培養による増殖、さらには枝変わりも含めて、安定して保持されている。
  4. 識別に要する時間は、市販のキットによるDNAの抽出からPCRの増幅パターンの解析まで6時間程度であり、AFLPやCAPS等の他の識別法と比較して迅速、簡便である。
成果の活用面・留意点
  1. 当技術は、独立行政法人理化学研究所が特許出願(特願2006-075366)しており、プライマーの配列やPCR条件等については、出願公開後、参照されたい。
  2. 鹿児島県は理化学研究所と当技術の実施許諾契約を締結しており、当技術の利用にあたっては、鹿児島県と再実施契約が必要となる。(窓口:鹿児島県バイオテクノロジー研究所)

具体的データ
図1
図2
予算区分県単
研究期間2001~2006
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat