防蛾灯の緑色蛍光灯がイチゴ「あまおう」の第1次腋花房花芽分化に及ぼす影響

防蛾灯の緑色蛍光灯がイチゴ「あまおう」の第1次腋花房花芽分化に及ぼす影響

タイトル防蛾灯の緑色蛍光灯がイチゴ「あまおう」の第1次腋花房花芽分化に及ぼす影響
要約 イチゴ「あまおう」の栽培で防蛾灯を終夜照明すると、黄色蛍光灯では、水平照度が2Lx以上で第1次腋花房の花芽分化が遅れるが、緑色蛍光灯は、水平照度が9Lx以内であれば生育や花芽分化に影響がない。
キーワード
担当機関福岡農総試 筑後分場 野菜チーム
連絡先0944-32-1029
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい多くの野菜を加害するハスモンヨトウ、オオタバコガなどの夜行性の蛾類に対する防除法の1つとして、黄色蛍光灯による夜間照明が有効である。しかし、イチゴの促成栽培では、その照明により花芽分化が抑制され(佐藤ら、2004年九農研)、収穫が遅れて問題となる。特に「あまおう」は、「とよのか」に比べ光に対する反応が敏感な品種である。最近、夜行性の蛾に対する行動抑制効果が高い波長域(545nm)は含むが、花芽形成抑制作用があるとされる赤色光域(600~700nm)をほとんど含まない緑色蛍光灯が販売された。
そこで、黄色蛍光灯および緑色蛍光灯による照明が、イチゴ「あまおう」の第1次腋花房花芽分化に及ぼす影響を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「あまおう」の高設栽培で黄色蛍光灯を図1のように設置して終夜(17時30分~6時30分)照明すると、水平照度2Lxより頂花房と第1次腋花房間の葉数が増加して第1次腋花房の花芽分化に影響が現れ、3Lx以上で収穫開始が8日以上遅れる(表1)。
  2. 一方、同様に緑色蛍光灯を終夜照明した場合、水平照度9Lx以内では、第1次腋花房の花芽分化に影響がない(図1、表1)。
  3. 「あまおう」の生育に及ぼす影響は、黄色蛍光灯は水平照度1Lx以上で草高および葉柄長が高くなるが、緑色蛍光灯は9Lx以内で生育への影響がない(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 「あまおう」で防蛾灯を利用する際の基礎資料として活用できる。
  2. 防蛾灯の主な波長域は、黄色蛍光灯が540~640nm(最大波長580nm)、緑色蛍光灯が510~560nm(最大波長520nm)である。
  3. 黄色蛍光灯は、平均空間照度1Lx以上で夜行性蛾類の行動を抑制できるが、緑色蛍光灯は黄色蛍光灯に比べて照度が30%程度低いため、設置間隔を狭くする必要がある。

具体的データ
図1
表1
表2
予算区分
研究期間2003~2006
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat