子のう胞子によるイチゴ炭疽病(Glomerella cingulata)の空気伝染

子のう胞子によるイチゴ炭疽病(Glomerella cingulata)の空気伝染

タイトル子のう胞子によるイチゴ炭疽病(Glomerella cingulata)の空気伝染
要約 イチゴ炭疽病(G.cingulata)は子のう胞子により空気伝染する。子のう殻(子のう胞子を内包)は育苗期を通じ枯死株等に形成され、子のう胞子が降雨直後を中心に数ヶ月にわたって飛散する。
キーワード イチゴ炭疽病、Glomerella cingulata、子のう胞子、空気伝染
担当機関佐賀農業セ 土壌環境部 病害虫農薬研究担当
連絡先0952-45-2141
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらいイチゴ炭疽病(Glomerella cingulata)の二次伝染は、病斑部に形成された分生子が降雨等によって飛散しておこるとされ、本伝染を防ぐ雨よけ栽培は高い防除効果を示す。しかし、程度は低いものの、雨よけ栽培圃場において発病株がみられたり、露地条件下で降雨が比較的少ない場合にも発病する事例が認められる。そこで、本病菌について、降雨によらない伝染法である子のう胞子による空気伝染の可能性を検討する。
成果の内容・特徴1.イチゴ炭疽病菌(G.cingulata)は、子のう胞子を内包する子のう殻を、育苗期を通じ枯死株や陥没した葉柄の病斑等に形成する(表1)。
2.子のう胞子は子のう殻から飛散し空気伝染する(図1、図2)。
3.子のう胞子の飛散は、降雨直後が多く、株の枯死後数ヶ月にわたって続く(図3)。
成果の活用面・留意点1.子のう殻は、枯死株及び陥没した葉柄の病斑同様、萎凋株のクラウンやランナーの陥没した病斑にも形成されるため、発病株は見つけ次第直ちに処分する。

具体的データ
表1
図1
図2
図3
予算区分国庫
研究期間2004~2007
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat