ビール大麦「しゅんれい」の早播栽培における適正追肥時期

ビール大麦「しゅんれい」の早播栽培における適正追肥時期

タイトルビール大麦「しゅんれい」の早播栽培における適正追肥時期
要約 ビール大麦「しゅんれい」の早播(11月中旬播)栽培での適正追肥時期は、初期生育が高温で進んでいる場合は1月上旬から2月上旬、初期生育が低温で遅れている場合は標準播の施肥基準同様、1月下旬から2月中旬である。
キーワード ビール大麦、早播、追肥時期、しゅんれい
担当機関福岡農総試 農産部 二条大麦育種指定試験地
連絡先092-924-2937
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらいビール大麦は、早播すると側面裂皮粒の発生が多くなることから、播種適期は11月25日~12月5日とされている。しかし、近年育成されたビール大麦「しゅんれい」は側面裂皮粒や凸腹粒等の発生が極めて少ないため、早播適応性が高く、10日程度早播できることが明らかとなった。そこで、本品種の早播栽培での適正な追肥時期を検討し、安定多収栽培法を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 初期生育が平年より高温で進んでいる場合(2004年度、分げつ数3.4本/株)、穂数は1月上旬追肥で最も多く、収量は1月上旬~2月上旬追肥で安定して高い。2月中旬の追肥では収量が低下する(表1、図1)。
  2. 初期生育が平年より低温で遅れている場合(2005年度、分げつ数2.1本/株)、収量は1月下旬~2月中旬追肥で安定している。一方、1月上旬の追肥では、穂数が少なく収量は著しく低下する。また、側面裂皮粒の発生も多くなる(表1、図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 「しゅんれい」を早播した場合の適正追肥時期の判断基準として利用する。
具体的データ
図1
予算区分指定試験
研究期間2004~2005
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat