秋ギク低温開花性系統「神馬2号・長崎2」の特性

秋ギク低温開花性系統「神馬2号・長崎2」の特性

タイトル秋ギク低温開花性系統「神馬2号・長崎2」の特性
要約 秋ギク「神馬2号」から選抜した「神馬2号・長崎2」は、草丈伸長性に優れ、2月開花作型において、消灯後、夜温を14℃に設定することで、「神馬2号」より7日早く収穫でき、摘芽、摘蕾数も少ない。
キーワード 秋ギク、神馬2号、低温
担当機関長崎総農林試 作物園芸部 花き科
連絡先0957-26-3330
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらい現在、現地に普及している「神馬」については、生育期間中の低温遭遇期間の程度により、開花遅延が発生する。開花遅延を防止するため、花芽分化期前後の最低夜温を18℃以上に設定するなど、燃料使用量が増加し、経営を圧迫している。
そのため、現地において、1月以降開花作型では、鹿児島県農業試験場(現鹿児島県農業開発総合センター)で選抜された低温開花性系統「神馬2号」が普及している。ただし、「神馬2号」は、生育の個体間差が大きく、秀品率の低さが問題となっている。
そこで、「神馬2号」から低温開花性、伸長性に優れた有望系統を選抜し、その栽培特性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「神馬2号・長崎2」は、12月上旬開花作型において、「神馬2号」と同じ日に収穫でき、伸長性、90cm調整重に優れ、優良系統と判断できる(表1)。ただし、摘芽・摘蕾数は、「神馬2号」より多い。
  2. 「神馬2号・長崎2」は、2月開花作型において消灯後、夜温を14℃に設定すると、「神馬2号」より7日早く収穫でき、伸長性に優れ、摘芽・摘蕾数も少ないため、低温開花性を持つ優良系統と判断できる(表2、図1)。
成果の活用面・留意点
  1. 「神馬2号・長崎2」は、現地試験を行う計画である。
  2. 「神馬2号・長崎2」は、県外譲渡可能である。

具体的データ
図1
予算区分県単
研究期間2006~2008
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat