輪ギク親株の腋芽形成率が低下する温度

輪ギク親株の腋芽形成率が低下する温度

タイトル輪ギク親株の腋芽形成率が低下する温度
要約 輪ギク親株の腋芽形成率が50%以下になる温度は、「神馬」、「新神」では昼温35℃、夜温25℃、「晃花の富士」では昼温30℃、夜温20℃以下、「フローラル優香」では昼温30℃、夜温25℃である。
キーワード 輪ギク、腋芽
担当機関宮崎総農試 花き部
連絡先0985-73-7094
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい近年の輪ギク品種は腋芽の発生が少なく、摘蕾作業が省力化できる品種が増えている。しかし、これらの品種は夏季の高温期に採穂量が減少してしまうことや、二度切り栽培が困難なことが欠点として挙げられる。
そこで、各品種の親株における側枝の腋芽形成率が低下する生育温度について検討する。
成果の内容・特徴
  1. 側枝の腋芽形成率は、「神馬」、「新神」、「フローラル優香」では親株の生育温度が高いほど低下する。しかし、「銀水晶」では、高温でも腋芽形成率は低下しない。
  2. 腋芽形成率が50%以下になる生育温度は、「神馬」、「新神」は夜温25℃の場合、昼温が30℃と35℃の間に、「晃花の富士」は昼温30℃、夜温20℃以下、「フローラル優香」は、昼温30℃の場合、夜温20℃と25℃の間の温度である。
成果の活用面・留意点
  1. 人工気象室内でプランタ栽培を行った場合の結果である。

具体的データ
表1
予算区分県単
研究期間2003~2005
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat