さとうきび複合経営は1ha未満であっても労働力が充実している

さとうきび複合経営は1ha未満であっても労働力が充実している

タイトルさとうきび複合経営は1ha未満であっても労働力が充実している
要約さとうきび経営では、収穫面積が1haに達しない複合経営の比率が高い。収穫面積が1ha未満の経営のうち、複合経営は単一経営に比べて労働力が充実している。
キーワードサトウキビ、複合経営、労働力
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター バイオマス 資源作物開発チーム
連絡先096-242-1150
区分(部会名)九州沖縄農業
分類研究、参考
背景・ねらい
    さとうきび生産では、経営安定対策が平成19年より実施されている。平成21年度までは特例措置があり全経営が対象となるが、平成22年度からは本則要件が適応になる。その要件のひとつは、個別経営における収穫面積が1ha以上である。そこで2005センサス個票を用いて、1ha未満のさとうきび経営の経営類型と労働力の保有状況を分析し、その実態を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. さとうきび生産がある経営を対象に、農産物販売金額の構成にもとづく経営類型を作成すると、鹿児島県ではさとうきび単一経営が全体の46%と最も多い(表1)。しかし、さとうきび単一経営以外の経営(複合経営)も多い。沖縄県における経営類型は、さとうきび単一経営が全体の77%と多い。
  2. 複合経営が占める割合が高い区分は、鹿児島県の50a未満(66%)、同じく50aから1ha(55%)、沖縄県の50a未満(26%)であり、1ha未満で多い(表1)。また両県の1ha未満の複合経営は4,393戸あり、全さとうきび経営18,861戸のうち23%を占める。
  3. 収穫面積が1ha未満の複合経営において男女生産年齢人口がいる割合は、鹿児島県で25%、沖縄県で27%であり、1ha未満のさとうきび単一経営や1ha以上のさとうきび単一経営よりも労働力が充実している(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. さとうきび経営の動向を見る基礎資料になる。
  2. センサスは主に、経営耕地面積30a以上の経営を対象にするため、これに満たない零細なさとうきび経営は調査されていない。センサスで調査された経営割合は、鹿児島県で72%、沖縄県で61%である。
具体的データ
表1
表2
予算区分基盤
研究期間2006~2008
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat