芽かきによる極早生ウンシュウ「肥のあかり」の着果安定

芽かきによる極早生ウンシュウ「肥のあかり」の着果安定

タイトル芽かきによる極早生ウンシュウ「肥のあかり」の着果安定
要約珠心胚実生系極早生ウンシュウ「肥のあかり」は、開花期に自己摘心していない長めの新梢を芽かきすることで、生理落果が減少して着果率が向上し、収量が増加する。
キーワード珠心胚実生系、極早生ウンシュウ、「肥のあかり」、芽かき、着果安定
担当機関熊本農研セ果樹研 常緑果樹研究室
連絡先0964-32-1723
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、普及
背景・ねらい
    極早生ウンシュウ「肥のあかり」は、珠心胚実生系品種であり、結果初期においては樹勢が強く新梢伸長が旺盛である。このため、新梢の発生が多く新葉率が高い場合には、着花がみられても新葉との養分競合により生理落果が助長されて着果不足となりやすい。
    そこで、開花期に長めの新梢を芽かきすることによる着果安定効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 「肥のあかり」は、開花期に自己摘心していない長めの新梢を芽かきすることで新葉率は低下し、着果率は向上して着果数が増加する(表1、図1)。
  2. 単位樹冠容積当たりの収量は増加し、増収効果がみられる(図2)。
  3. 糖度、クエン酸含量、果肉歩合など果実品質の差はみられない(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は、結果開始3年目の樹を供試樹とし、シートマルチを6月下旬から行った時の結果である。
  2. 樹勢が旺盛な場合には、開花期後にも遅れて徒長ぎみの新梢が発生しやすいことから、5月中下旬にも芽かきを実施する。
具体的データ
表1
図1
図2
表2
予算区分県単
研究期間2004~2008
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat