クリの変質果の発生要因

クリの変質果の発生要因

タイトルクリの変質果の発生要因
要約クリの変質果の発生が多い条件は、熊本県主要品種の早生・中生品種、収穫の後期、日射が強く照射する樹冠外部、毬皮まで日焼けした毬果である。
キーワードクリ、変質果、発生要因
担当機関熊本県農研セ 球磨研
連絡先0966-45-0470
区分(部会名)九州沖縄農業
分類技術、参考
背景・ねらい
    近年のクリでは、出荷前の果実外部は健全であるが出荷後に果実内部が変質している場合があり、市場評価を落とす問題となっている。変質果の発生要因には、病原菌による報告があるが、果実生育期や収穫期の気温上昇も要因の一つと考えられる。従って、品種の違いや収穫時期の違いなどが変質果の発生に及ぼす影響について明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 変質果の発生は、「丹沢」「杉光」「筑波」「銀寄」「利平栗」(熊本県主要品種の早生、中生品種)で多く、また収穫期の後期に多い傾向にある(表1)。
  2. 日射が強く照射する樹冠外部の果実で発生が多い(表2)。
  3. 毬皮が日焼けにより褐変しているものに発生が多く、褐変していないものは発生しない(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 変質果の調査方法は、収穫期に落毬した外観が健全な果実を室温で2日間保存し、果実を切断して変質の有無を調査した。
  2. 毬皮の日焼けが多い年は、変質果の発生に注意が必要である。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分県単
研究期間2005~2007
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat