水稲新品種候補系統「ふ系168号」の育成

水稲新品種候補系統「ふ系168号」の育成

タイトル水稲新品種候補系統「ふ系168号」の育成
要約 「ふ系168号」は寒冷地北部で早生に属する粳種である。耐冷性、いもち病抵抗性が強く、良質で、この熟期としては良食味である。平成7年度より青森県で奨励品種に採用される予定である。
担当機関青森県農業試験場 藤坂支場
連絡先0176-23-2165
区分(部会名)農業総合
専門育種
研究対象稲類
分類普及
背景・ねらい 寒冷地北部及びこれより以南の中山間地帯では、近年頻発する冷害により大きな被害を受けている。青森県の早生品種「キタオウ」は登熟性に優れた多収品種であるが、耐冷性が不十分であるため作付面積は減少し、中生品種「むつほまれ」が適地でない早生品種栽培地帯に作付されており、これが冷害年における作柄を一層悪化される要因となっている。そのため、「キタオウ」より耐冷性が強く、品質・食味が優れた早生品種の育成を目標に交配、選抜を進めてきた。
成果の内容・特徴
  1. 「ふ系168号」は、1987年青森県農業試験場藤坂支場において「ふ系115号/奥羽321号」のF1を母とし、「キタオウ」を父として交配し育成された。
  2. 「ふ系168号」は、出穂期、成熟期が「キタオウ」より1日程度遅い早生に属する。
  3. 耐冷性は「キタオウ」より明らかに強く“極強”である。
  4. 収量性は「キタオウ」並である。
  5. いもち病抵抗性遺伝子はPi-a、Pi-kを有し、圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちとも“極強”である。
  6. 外観品質は「キタオウ」並であり、食味は「キタオウ」より優れる。
  7. 平成7年度より青森県で奨励品種に採用される予定である。
成果の活用面・留意点
  1. 耐倒伏性は十分ではないので、品質・食味の低下を防ぐためにも多肥栽培は避ける。
  2. 耐冷性は“極強”であるが、低温時には深水潅漑で幼穂を保護する。
  3. 穂発芽性は“やや易”なので、適期刈り取りにより品質の低下を防ぐ。
(表1)
具体的データ
(表1)
予算区分指定試験
研究期間1994~1994
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat