忌避音による鳥の追い払いと音発生装置

忌避音による鳥の追い払いと音発生装置

タイトル忌避音による鳥の追い払いと音発生装置
要約スズメ、ムクドリ、ヒヨドリより採取したディストレス・コールと“ぼい旗”の音は、これらの鳥の追い払いに効果があった。そこで、新たに開発した慣れのつきにくい提示法によって音を発生させる忌避音発生装置を試作した。
担当機関農業研究センター 病害虫防除部 鳥害研究室
連絡先0298-38-8825
区分(部会名)農業総合
専門作物虫害
研究対象稲類他
分類普及
背景・ねらい各種の鳥による農作物の被害は大変大きいが、有効な被害回避法は限られている。鳥を作物に寄せつけないためには、各種の嫌悪刺激を利用して鳥を追い払うことが普通であるが、効果ある追い払いのためには有効範囲が大きく、慣れがつきにくいことが求められる。聴覚刺激を利用したものは、有効範囲を比較的大きくしやすい長所があるが、人間に対して騒音となることもある。そこで、鳥自身の音声の中から忌避行動を起こさせるものとしてディストレス・コール(鳥が天敵に捕まったときに発声する声;以下、DCとする)に注目し、この忌避効果と慣れのつきにくい提示法を求め、実用に供しうる装置の開発を目指す。
成果の内容・特徴
  1. ムクドリ、スズメ、ヒヨドリのDCと“ぼい旗”(鳥を追い払うための特殊の旗)の音の単位音を取り出し、これを繰り返し提示する装置(KZ-01)を作成した。これより提示したDCは、それぞれの鳥の忌避に効果があった。また、ねぐらからムクドリを追い払うのにも効果があった。
  2. “ぼい旗”音は、スズメ、ムクドリに対して、DCと同程度か、それ以上の忌避効果があった。特に、ねぐら内のスズメに対しては、DCには殆ど忌避効果がなかったが、“ぼい旗”音は相当の効果を示した(表1)。
  3. KZ-01からのDCをスズメおよびムクドリに連続して提示すると、効果が減少した。これは、同一の単位音を繰り返しに対して、慣れが生じやすいことを示すものと思われる(図1)。
  4. そこで、数個体の鳥から採取したDCの単位音をランダムに組み合わせて提示する方法を開発し、この方式に基づく音発生装置(KZ-02)を作成した。この装置からのDCは、KZ-01のものよりも慣れがつきにくかった(図1)。
  5. KZ-02から発生する音の音圧を高めていくと、忌避効果は高まった(図2)。
  6. KZ-02は、現在、実用に供しうるようにハード面とソフト面での改良を進めており、試作品が完成しつつある。
成果の活用面・留意点忌避音発生装置KZ-02の試作品は、実用試験を経た後、販売予定である。
具体的データ
表1 ねぐら内のスズメに対してディストレス・コール(DC:KZ-01と-02からのもの)と“ぼい旗”音を聞かせたときの反応率(飛び立った鳥の割合)
図1 カキその他を摂食中のムクドリにムクドリのDC(KZ-01と-02からのもの)を連続して提示したときの反応率
図2 電線にとまっているムクドリにムクドリのDC(KZ-02)を音の強さを変えて提示したときの反応率(音の強さは音源から50m離れた地点のもの)
予算区分経常
研究期間1988~1994
発表論文Aversive response of tree sparrows Passer montanus to distress call and the sound of paper flag. Appl. Ent. Zool. 28(3) : 359~370, 1993.
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat