地域活性化対策実施効果の事前評価手法

地域活性化対策実施効果の事前評価手法

タイトル地域活性化対策実施効果の事前評価手法
要約 地域住民自らが活性化対策を発想し,それらの対策が地域で発生している農業・農村問題の解決にどの程度効果があるかを関係機関職員ならびに住民の意識を分析して事前評価するための支援手法を開発した。
担当機関東北農業試験場 農村計画部 地域計画研究室
連絡先0196-43-3491
区分(部会名)農業総合
専門経営
分類普及
背景・ねらい 地域農業ならびに農村が抱える問題は地域の特性に従って大きく異なっており,問題解決のための活性化対策の展開にあたっては,地域特性に対する配慮が決定的に重要である。そのため,本研究では農家ならびに関係機関職員が一体となって地域活性化対策を発想し,それらの活性化対策が地域で発生している農業・農村問題の解決にどの程度効果があるかを事前評価するための支援手法を開発した。
成果の内容・特徴
  1.  この支援手法では,多様な属性をもつ関係機関職員ならびに地域住民を対象として,地域で発生している農業・農村問題の摘出と,摘出された問題の相互関連を解明する。このプロセスは既に当研究室が成果情報として公表したTN法第1ステップとTN法第2ステップを用いて実施する(第1段階)。

  2.  次にTN法第1ステップを用いて,先に抽出した問題を解決するために有効と思われる地域活性化対策を抽出・整理し,これらの活性化対策の実施が各問題の解決にどの程度効果があるかについて,関係機関職員ならびに地域住民の評価を図1の調査表を用いて把握する(第3段階)。
  3.  なお,本手法を岩手県岩泉町と山形県遊佐町の活性化対策実施効果の事前評価の事前評価に適用した結果,住民参加型むらづくりの一つの有効な支援手法として活用できる可能性が示された。
成果の活用面・留意点 この手法は,むらづくり支援手法としてばかりでなく,農業技術の多面的効果の事前評価手法としても有効に活用できることが期待できる。
具体的データ
(第1段階)
表1
図1
図2
予算区分特別研究(担い手)
研究期間1994~1994
発表論文地域診断と地域活性化の支援策,農業経営ハンドブック,1993。
発行年度1994
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat