飼料用トウモロコシに発生するモザイク病の伝染源

飼料用トウモロコシに発生するモザイク病の伝染源

タイトル飼料用トウモロコシに発生するモザイク病の伝染源
要約トウモロコシモザイク病のウイルスと、メヒシバなど多年生イネ科植物の持つウイルスは、血清学的にも、またRNAレベルの研究からも同一のものがあり、圃場周辺に生育するイネ科植物が伝染源であることを証明した。
担当機関山口県農業試験場 環境部 病害虫研究室
連絡先0839-27-0211
区分(部会名)農業総合
専門作物病害
研究対象雑穀類
分類研究
背景・ねらい西南暖地の飼料用トウモロコシにはサトウキビモザイクウイルスの血清型Bによるモザイク病が発生している。本病の伝染源は圃場周辺に生育するイネ科植物であろうと推定されている。そこで、トウモロコシ圃場の周辺に生育するイネ科植物のうちモザイク症状を示すものについてウイルスを分離し、血清学的及びRNAレベルでの比較研究を行って、両者の関係を明らかにしようとする。
成果の内容・特徴①飼料用トウモロコシ圃場周辺に生育するイネ科植物のメヒシバ、ダリスグラス、ベージーグラス、セタリア、チカラシバからサトウキビモザイクウイルス(SCMV)を分離した(表1)。これらのSCMVは血清学的にトウモロコシから分離したSCMVと近縁であった(表1、図1)。
②トウモロコシとイネ科植物のSCMVをRT-PCR法によって比較したところ、これらのSCMVはB系統に対するプライマー(花田ら作成したもの)を用いた場合のみPCR産物が得られた。また、得られたPCR産物を酵素処理した結果、これらSCMVは同様のバンドを示した(図2)。
③以上の結果から、トウモロコシのSCMVとこれらイネ科植物のSCMVはRNAレベルからも同じであり、トウモロコシに発生するモザイク病は周辺のイネ科植物に感染しているSCMVに由来する(伝染源となる)と考えられる。
成果の活用面・留意点トウモロコシのモザイク病の防除やイネ科植物のSCMVによるウイルス病の生態解明に活用される。
作成した抗血清は分譲可能。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分指定試験
研究期間1995~1995
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat