ジュース用カンショ新品種候補系統「九州120号」

ジュース用カンショ新品種候補系統「九州120号」

タイトルジュース用カンショ新品種候補系統「九州120号」
要約カンショ「九州120号」は極多収で乾物率が低く、β-カロテンを多量に含み、搾汁液の褐変が少ない。ジュース用加工原料に適する。全国のカンショ作地域に適する。
担当機関九州農業試験場 畑地利用部 甘しょ育種研究室
連絡先0986-22-1506
区分(部会名)農業総合
専門育種
研究対象いも類
分類普及
背景・ねらい南九州では、でん粉原料用カンショの用途転換を図るために様々な利用法が検討されている。最近、色素を含む低でん粉系統が作出され、調理、加工用への利用が期待されている。特に、β-カロテンを多く含むカロテン系統がジュース加工原料として注目され、商品開発が実用化しつつある。
成果の内容・特徴
  1. 収量は、「ベニハヤト」よりかなり高く、「コガネセンガン」並みで、極多収である。
  2. 切干歩合は「コガネセンガン」より低く、「ベニハヤト」並みである。
  3. カロテン含有量は既存のカロテン品種「ベニハヤト」並みで、極めて高い。
  4. 生いもジュースは変色やニンジン臭が「ベニハヤト」より少なく、味も良好である。搾汁率は「ベニハヤト」より高い。
  5. 病害虫抵抗性は、黒斑病に「やや弱」、ネコブセンチュウ抵抗性に「強」、ネグサレセンチュウ抵抗性に「やや強」である。
  6. 貯蔵性は、「ベニハヤト」「コガネセンガン」より優れ、「やや易」である。
成果の活用面・留意点
  1. 極多収で形状が良く、高カロテン・低乾物率であるのでジュース加工用品種として利用できる。
  2. 全国のカンショ作地域に適する。
  3. 萌芽性がやや劣るので苗床での保温に留意する。
  4. 黒斑病抵抗性が「やや弱」であるので、同病害の多発地帯では防除に努める。
具体的データ
図表
予算区分経常・高収益畑作
研究期間1991~1996
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat