早生、多収で滑らかな食感をもつ日本麺用小麦新品種「あやひかり」

早生、多収で滑らかな食感をもつ日本麺用小麦新品種「あやひかり」

タイトル早生、多収で滑らかな食感をもつ日本麺用小麦新品種「あやひかり」
要約小麦「あやひかり」は、早生で縞萎縮病耐性をもつ、耐倒伏性に優れた大粒の多収品種である。製粉性に優れ、麺の色相はやや劣るが、低アミロース含量で麺の食感が良い。埼玉県で準奨励品種として採用。
担当機関農業研究センター 作物開発部 小麦育種研究室
連絡先0298-38-8861
区分(部会名)農業総合
専門育種
研究対象麦類
分類普及
背景・ねらい平成2年に育成した「バンドウワセ」は「農林61号」に比べて早熟で、耐倒伏性があり1割程度増収する作りやすい品種で、農家の作付要望が高い。しかし、実需者からは、製粉性、粉色・麺色は良好であるものの、作付地域の拡大によって、産地による品質(とくに、食感)のばらつきが大きくなっている。このため、「バンドウワセ」に替わる、麺の食感のよい高品質・早熟・安定多収品種の開発が急務となっている。また、実需者の評価が比較的高い「農林61号」は小麦縞萎縮病汚染地帯での栽培ができないため、作付面積の維持・拡大には耐病性品種が必要である。そこで、「農林61号」より早熟で小麦縞萎縮病に耐病性であり、製粉性、麺の食感が優れた安定多収品種を育成する。
成果の内容・特徴「あやひかり(=関東119号)」は、昭和62年度、農業研究センターにおいて、麺の食感に優れた「関東107号」を母、極早生の「西海168号」を父として、人工交配し、その後代から育成した系統である。平成11年度の世代はF12である。「農林61号」と比較して、次のような特徴をもつ。
  1. 播性は「Ⅰ~Ⅱ」で、出穂期、成熟期ともに3日程度早い。2.稈長はやや短く、倒伏に強い。3.白ふで、穂数は少ないが、穂長はやや長い。4.穂発芽性は「難」で、縞萎縮病、赤さび病に強い。うどんこ病にはやや弱いが、赤かび病に同程度である。5.収量性は高く、多収である。6.リットル重、千粒重ともに大きい。大粒で外観品質はやや良である。7.製粉性は優る。8.粉の白さ、明るさはともにやや低い。9.アミロース含量は低い。アミログラムの最高粘度は高く、ブレークダウンは大きい。10.製麺適性は、麺の色相がやや劣るが、粘弾性、なめらかさに優り、総合的には優る。
成果の活用面・留意点
  1. 温暖地東部の平坦地に適応する。
  2. 埼玉県では、平成12年秋播きから準奨励品種として普及に移す。
  3. 麺の色相の低下を招かないよう肥培管理に努める。
  4. うどんこ病にやや弱いので、適期防除に努める。
具体的データ
図表
予算区分経常、「高品質輪作」、「新用途畑作」、「麦緊急開発」
研究期間1999~1999
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat