遺伝子を利用したカビ毒非産生菌と産生菌の識別法

遺伝子を利用したカビ毒非産生菌と産生菌の識別法

タイトル遺伝子を利用したカビ毒非産生菌と産生菌の識別法
要約アフラトキシン(AF)産生遺伝子のひとつである ver-1を検出可能なプローブS4-verF が開発された。本プローブとの交雑試験により ver-1 を保有しないAF
連絡先0298-38-8066
区分(部会名)食品
専門微生物・酵素
  • 研究対象稲類
    分類研究
    背景・ねらい麹菌Aspergillus oryzas及びA. sojaeと、アフラトキシン(AF)産生菌A.
    flavus 及びA.parasiticus は分類学上極めて近縁であると考えられている。しかし、我国では麹菌の利
    用上これらの厳密な判別が必要とされている。近年Skoryらは、AF 産生に特異的
    で必須の遺伝子の一つver-1をA. parasiticusから単離し、その塩基配列を初めて明らかにした。AF産生菌は必ずこのver-1
    を保有するし、保有しない菌はAFを産生できないと考えられる。そこで、本研究
    室別課題は、このver-1 又は相同なDNAの有無により、AF産生菌か否かを判別する方法の開発を目的と
    して実施した。
    成果の内容・特徴
    1.  S4-verFはver-1の蛋白質コーディング領域の74%の長さで、この領域の96.2
      %の塩基配列が 同一であった。
    2.  AF非産生菌のA. oryzasとA. sojae、AF産生菌のA. flavusとA.
      parasiticus各々2株について、その全DNA中 にS4-verFと交雑可能なDNAが検出された。交雑したDNAの塩基配列は、ver-1と93.5~98.9%の相同性を示したことから、これらはver-1相同DNAであること
      が明らかになった。
    3.  また、S4-verFは、ver-1相同DNA検出のためのプローブとして利用可能であることが明らかになった。
    4.  S4-verFをプローブとした交雑試験の結果、AF非産生菌のA. ooryzae48株中ver-1
      相同DNAを保有するもの40株、保有しないもの8株であった( 表)。
    5.  ver-1を保有しない菌はAFを産生できないと考えられる。よって、4-verFを用いて、ver-1相同DNAを保有しないAF非産生菌を識別することが可能になった。
    成果の活用面・留意点得られた成果は、麹菌株の多くが属するA. oryzas及びA. sojaeにとって、新しい知見であり、平成6年度及び7年度日本生物工学会大会で成
    果を発表した。
    具体的データ
    予算区分一般別枠・安全性向上・
    研究期間1991~1995
    研究担当者平成7年度(平成3年度~平成7年度)勝美
    発表論文1)平成6年度日本生物工学会大会講演要旨集p183、平成6年
    2)平成7年度日本生物工学会大会講演要旨集p209、平成7年
    発行年度1995
    収録データベース研究成果情報

    研究成果情報アクセスランキング

    Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

    Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat