きのこの種・株の菌糸DNAによる識別法の開発

きのこの種・株の菌糸DNAによる識別法の開発

タイトルきのこの種・株の菌糸DNAによる識別法の開発
要約  きのこ(担子菌)の培養菌糸から抽出したDNAをRAPD法を用いて解析し、種・株の同定識別を行う技術を開発した。本法によればヒトヨタケ属6種の識別とその一部の株同定が可能であり、マツタケと近縁4種も識別が可能である。
連絡先0298-38-8050
区分(部会名)食品
背景・ねらい 
従来、きのこは子実体(きのこ)の形態で分類されていたが、培養、栽培では子実体のできない種も多く、菌糸の段階での種の識別法の確立は研究実用両面からきわめて重要である。本研究では菌糸より得たDNA情報からのきのこの種識別法の開発を目的として、DNAの違いを容易に検出できるRAPD
( Random Amplified Polymorphic DNA )法を適用した種・株の識別法を開発した。
成果の内容・特徴
  1. ヒトヨタケ属6種、マツタケとその近縁種4種の液体培養で得た菌糸から抽出したDNAを、10塩基任意配列プライマーを用いてPCR反応を行い、アガロースゲル電気泳動を行った。
     
  2. ヒトヨタケ属ではそれぞれの種・株で特有のRAPDパターンを示し(図1)、明確に種・株を識別できた。
     
  3. マツタケとその近縁種では多くのプライマーで種特有のパターンを示したが(図2)、マツタケとオウシュウマツタケでは似通ったパターンを示すプライマーもあった。しかし10プライマーから得たRAPDパターンを統計的に比べると、種の違いによるパターンの違いは明確であり(図3)、マツタケにおいても種識別に適用できることが示された。
成果の活用面・留意点 
試験ごとに結果が不安定になる可能性もあり、条件を均一にすることが必要である。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分経常
研究期間1997~1997
研究担当者伊藤康博、伏見力、柳園江
発表論文Discrimination of Species and strains of basidiomycete genusCoprinus by random amplified polymorphicDNA(RAPD).Mycoscience:受理(掲載予定,39巻4号)
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat