ドライケミストリー法による小麦α-アミラーゼ活性簡易迅速測定

ドライケミストリー法による小麦α-アミラーゼ活性簡易迅速測定

タイトルドライケミストリー法による小麦α-アミラーゼ活性簡易迅速測定
要約ドライケミストリー法によるα-アミラーゼ活性の測定システムは、既存の液体法(Ceralpha法)と高い相関性を有する。測定操作や装置の保守が簡単であるため簡易迅速測定が可能で、アミロ値等のデンプン粘度の推定が可能である。
キーワード小麦、低アミロ小麦、α-アミラーゼ活性、ドライケミストリー
担当機関品質制御研究チーム
(独)農業技術研究機構 北海道農業研究センター 畑作研究部 麦育種研究室
連絡先0155-62-9210
区分(部会名)食品
区分(部会名)北海道農業
分類技術、参考
背景・ねらい北海道の小麦栽培においてしばしば穂発芽等によりデンプン粘度の著しく低下した低アミロ小麦が発生する。デンプン粘度の測定には通常アミログラフやフォーリンブナンバーが使用されるが、これらの方法は試料の準備や測定に時間を要する。そこで、デンプン分解酵素であるα-アミラーゼ活性値からデンプン粘度を簡易迅速に推定するため臨床分野で主に用いられているドライケミストリー法の小麦への適応性を検討する。
成果の内容・特徴
  1.  ドライケミストリー法は、液体法のような酵素反応液の調製や配管系が不要なため操作や保守が容易で、スライドへの抽出酵素液滴下から分析機中での反応を経て最終的に生成するパラニトロフェノールの吸光度測定まで要する時間が約6分で、40点/時間のα-アミラーゼ連続測定が可能である(図1)。
  2.  ドライケミストリー法による全粒粉のα-アミラーゼ活性値は、標準測定法であるCeralpha法(液体法) との相関が極めて高く、両測定法の間で品種間差もほとんど認められない(図2)。
  3.  ドライケミストリー法によるα-アミラーゼ活性値からアミロ値(アミログラム最大粘度)及びフォリングナンバー値の推定が可能である(図3)。
  4.  ドライケミストリー法による本システムは、小麦α-アミラーゼ活性の簡易迅速測定とアミロ値等のデンプン粘度の推定に使用できる。

成果の活用面・留意点
  1.  酵素の抽出条件によってα-アミラーゼ活性値は変動するので、既定の抽出液を使用する必要がある。
  2.  測定精度においてCeralpha法よりも若干劣るが、実用上問題のないレベルである。

具体的データ
図表
予算区分21世紀プロ(1系)
研究期間1999~2001
研究担当者一ノ瀬靖則、桑原達雄、高田兼則、山内宏昭、西尾善太
発表論文1) 一ノ瀬靖則ら(2001)日作紀70(4): 588-594
2) 升田喜士ら(2001)作物学会講演要旨・資料集146-147
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat