係留方式の違いが家畜の起立・横臥動作に及ぼす影響

係留方式の違いが家畜の起立・横臥動作に及ぼす影響

タイトル係留方式の違いが家畜の起立・横臥動作に及ぼす影響
要約繋ぎ飼い牛舎で用いられているスタンチョン、上下支持2点タイ、コンフォート、ません棒の4種類の係留装置について、牛がストール内で起立・横臥する際の動作・行動解析を行った。起立・横臥動作時のき甲が最も前方に移動した位置(最前き甲位置)は、コンフォートが最も前方であった。起立・横臥時に係留装置支持枠にかかる最大加力は、スタンチョンが最も大きく、コンフォートが小さかった。
担当機関畜産試験場 飼養技術部 施設利用研究室
連絡先0298-38-8678
区分(部会名)草地
専門飼育管理
研究対象家畜類
分類研究
背景・ねらい繋ぎ飼い牛舎においては牛は常に係留されており、係留装置の違いにより前後・左右方向の移動量が規制される。このため、制限のない自由な条件での牛の起立・横臥動作に比較して、前方方向の移動が制限され、膝関節や股関節に大きな荷重が加わり、関節疾患の大きな原因となっている。そこで、係留方式の違いによる拘束条件の違いがストール内での牛の起立・横臥動作に及ぼす影響を明らかにした。
成果の内容・特徴
    実験畜舎内に係留ストール1基(幅150cm×長さ200cm)を設け、ホルスタイン種乳牛1頭(体重773kg、体長178cm、体高145cm、腰角幅63cm)を供試して、係留拘束条件(図1)を1日毎に変更してストール内の起立横臥動作をタイムラプスビデオで24時間記録した。
  1. 起立・横臥動作時における牛のき甲の移動位置は、コンフォートが最も前方まで移動した。上下支持2点タイ、スタンチョンは前方の移動が少なかった。ません棒では起立動作時のき甲位置が横臥動作時より前方になり、他の係留方式に比較してその差が大きかった(図2)。
  2. 係留装置支持枠にかかる起立・横臥時の最大加力は、スタンチョンが最も大きく、ついで上下支持2点タイ、ません棒、コンフォートの順に小さかった(図3)。
    ません棒は横臥動作時より起立横臥動作時に大きな加力が現れ、その差が顕著であった。
  3. ません棒における起立・横臥動作時の牛のき甲の移動位置は、ません棒の高さに大きく影響された。ません棒の高さが120cmの時にき甲位置が最も前方に移動し、ません棒の高さが低くなるにしたがい移動が小さくなった(図4)。また、係留装置支持枠にかかる加力は、ません棒の高さが120 cmの時が最も小さかった。
成果の活用面・留意点
  1. 係留方式の違いによる家畜の動作行動解析データは、ストール設計の資料として参考になる。
  2. さらにデータを蓄積し、平準化を図る必要がある。
具体的データ
(図1)
(図2)
(図3)
(図4)
予算区分経常
研究期間1991~1995
発表論文畜舎機能評価のための家畜動作行動解析と飼養設備の改善-係留拘束条件と起立横臥動作-平成6年度農業施設学会講演要旨、p25-26(1994)
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat