サイレージ用とうもろこし新品種「タチタカネ」の育成

サイレージ用とうもろこし新品種「タチタカネ」の育成

タイトルサイレージ用とうもろこし新品種「タチタカネ」の育成
要約温暖地に適する晩生のF1品種「タチタカネ」を育成した。本品種は、耐倒伏性や黒穂病抵抗性、採種性に優れ、東北南部から関東東山地方への普及が期待される。[場所]長野県中信農業試験場・とうもろこし育種指定試験地
担当機関長野県中信農業試験場 とうもろこし育種指定試験地
連絡先0263-52-1148
区分(部会名)草地
専門育種
研究対象飼料作物類
分類普及
背景・ねらい 我が国におけるサイレージ用とうもろこし種子のほとんどは海外からの輸入に頼っているが、自給飼料の安定生産のためには、日本独自の環境に適応した高能力の国内育成品種の育成と普及が極めて重要である。
 温暖地東部に普及している晩生品種は、一般に収量性は高いものの、耐倒伏性や耐病性に問題のある事例が少なくない。したがって、これらと同等の熟期で多収性、かつ耐倒伏性、各種病害抵抗性の新品種を育成する。
成果の内容・特徴 「タチタカネ」は、「Ki11」を種子親とし、「Na23]を花粉親として育成されたデント種×デント種の単交配一代雑種である。
  1. 絹糸抽出期は「P3358」より2~3日遅く、「P3472」並かやや早い晩生種である(表1)。
  2. 稈長、着雌穂高はともに「P3358」、「P3472」より高い(表1)。
  3. 耐倒伏性は「P3358」並かやや強く、「P3472」よりやや強い(表1)。
  4. ごま葉枯病抵抗性は、「P3358」並の”強”で、「P3472」よりやや弱い(表1)。
  5. すじ萎縮病抵抗性は”中”で、「P3358」、「P3472」並かやや強い(表1)。
  6. すす紋病抵抗性は”強”で、「P3358」、「P3472」並かやや弱い(表1)。
  7. 黒穂病抵抗性は”極強”で、「P3358」、「P3472」より強い(表1)。
  8. 適地での乾物収量、TDN収量は、「P3358」より多く、「P3472」並である。 乾雌穂重割合は「P3358]より低く、「P3472」並かやや高い(表1)、(表2)。
  9. 採種性は、雌雄畦比3:1で10アール当たり280kg程度と高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 高標高地を除く東北南部、関東、東山地帯に適し、普及見込み面積は1,000haである。
  2. 晩播栽培には向かないので、適期播種につとめる。
具体的データ
(表1)
(表2)
予算区分指定試験
研究期間1996~1996
研究担当者高松光生、三木一嘉、重盛 勲、西牧 清、前島秀和
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat