親子分離放牧における柵越し哺乳施設の入口遮断による授乳期発情牛の捕獲

親子分離放牧における柵越し哺乳施設の入口遮断による授乳期発情牛の捕獲

タイトル親子分離放牧における柵越し哺乳施設の入口遮断による授乳期発情牛の捕獲
要約放牧地での発情牛の慣行法による捕獲では複数の作業員と長い作業時間を必要とするが、親子分離放牧における柵越し哺乳施設の入口を一時的に遮断する方法では、作業員1名でも0.6~3.6分という短い作業時間で発情牛の捕獲が可能になる。
担当機関中国農業試験場 総合研究部 総合研究第2チーム
連絡先08548ー2ー0144
区分(部会名)草地
専門飼育管理
研究対象家畜類
分類指導
背景・ねらい 放牧地では牛の行動範囲が広いことから、発情牛の発見と捕獲に多くの時間と労力を要する。発情牛は市販のディテクタ-の利用(牛の尻部に貼り付け乗駕されるとその色が赤変)で発見できるので、本研究では発情牛の捕獲作業に焦点を当て、柵越し哺乳施設の入口を遮断して授乳を一時的に制限した場合の捕獲作業の省力性を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 本捕獲法は、午前および午後の放牧地の見回り時に1頭でもディテクタ-が赤変していた場合、その時点で放牧地内に設けた柵越し哺乳施設の入口(図1)を閉じて授乳ができないようにし、授精時刻(午前発見の場合は午後、午後遅く発見の場合は翌朝など)に哺乳施設の入口を開けて牛を施設内に導いて授乳中に捕獲するという手順である。
  2. 本捕獲法の場合は、いずれの調査日でも授乳期繁殖牛は捕獲開始時には既に哺乳施設付近(図2)の居場所区分(A)に集まっており、入口を開けると牛が自ら施設内に入ってくることが多く、作業員1名でも0.6~3.6分と短時間で発情牛の捕獲が可能である(表1)。
  3. 柵越し哺乳施設の入口遮断を行わない当場慣行の捕獲作業の場合は、作業員が3~5名と多くの人員を要し、作業時間も3.5~30.0分と長い。慣行法では、発情牛のみを施設まで誘導し追い込むことは困難であり他の牛も一緒に追い込む必要がある。また、日によって捕獲開始時の牛の居場所も様々であり、それに応じて作業時間が大きく変動するなど、捕獲作業に必要な労力や時間を前もって予測することが困難である(表2)。
  4. 以上のことから、哺乳施設の入口遮断による誘導法は、慣行法に比べて、作業が省力的であり、前もって捕獲に必要な労力や時間を予測できないという問題も改善される。
成果の活用面・留意点
  1. 柵越し哺乳施設を備えた親子分離放牧での授乳期発情牛の捕獲作業に活用できる。
  2. 本法の集畜効果は、発情牛のその時の乳量、入口遮断前哺乳時刻などによって異なる可能性がある。
具体的データ
(図1)
(図2)
(表1)
(表2)
予算区分経常
研究期間1996~1997
研究担当者山本直之、大谷一郎、圓通茂喜
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat