エンドファイトのiaaM 遺伝子導入形質転換体の作出

エンドファイトのiaaM 遺伝子導入形質転換体の作出

タイトルエンドファイトのiaaM 遺伝子導入形質転換体の作出
要約エンドファイトを植物への有用遺伝子の導入に利用するために、イネ科牧草のネオティフォディウム・エンドファイトにiaaM遺伝子(トリプトファンモノオキシゲナーゼ遺伝子)を導入した形質転換体を作出した。
担当機関草地試験場 環境部 作物病害研究室
連絡先0287-37-7556
区分(部会名)草地
専門作物病害
研究対象微生物
分類研究
背景・ねらい植物とエンドファイトは共生関係にあるために、エンドファイトに有用遺伝子を取り込んだ形質転換体を作出し、これを植物へ導入すれば有用遺伝子の発現が予想される。本研究では牧草のエンドファイトに、植物生長ホルモンIAAの前駆体であるIAM(インドールアセトアミド)産生遺伝子(iaaM遺伝子)を導入した形質転換体を作出する方法を開発する。
成果の内容・特徴
  1. エンドファイト(Neotyphodium typhinum、チモシー由来)のプロトプラストは、ジャガイモ煎汁液体培地で 22℃、5-6日間振とう培養して得た菌体をノボザイム234処理すると大量に得られた。
  2. エンドファイトにオリーブこぶ病細菌のiaaM遺伝子(トリプトファンモノオキシゲナーゼ遺伝子、図1)を導入する形質転換体の作出には、ポリエチレングリコール(PEG)を用いる方法がエレクトロポレーション法よりも優れていた。
  3. 形質転換体のiaaM遺伝子の染色体DNAへのとり込みは、PCR法によるiaaM遺伝子の増幅により確認した(図2)。形質転換体の培養濾液中には、非形質転換体では認められなかったインドールアセトアミドが産生されていた。また、IAAの産生量も形質転換体で増加していた(図 3)。
成果の活用面・留意点
  1. この形質転換体を植物に接種すれば、植物生育が促進されると考えられ、エンドファ イトを利用した新たな遺伝子導入法となる。
  2. この形質転換体については、寄主植物への感染能、家畜毒性アルカロイド産生については 検討が必要である。
具体的データ
図1
(図2)
(図 3)
予算区分パイオニア特研(エンドファイト)
研究期間1998~1999
研究担当者Ahmad Yuns(岡山大)、山田哲治(岡山大)、島貫忠幸
発表論文ネオティフォディウム・エンドファイトへのiaaM遺伝子形質転換体の作出(英文)、日植病報、65巻192-196(1999).発表論文等:ネオティフォディウム・エンドファイトへのiaaM遺伝子形質転換体の作出(英文)、日植病報、65巻、192-196(1999).
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat