サイレージ用とうもろこし一代雑種親自殖系統「Ho49」

サイレージ用とうもろこし一代雑種親自殖系統「Ho49」

タイトルサイレージ用とうもろこし一代雑種親自殖系統「Ho49」
要約サイレージ用とうもろこしの親自殖系統「Ho49」(エイチオーヨンジュウキュウ)を育成した。本系統は中生のフリント種で、耐倒伏性とすす紋病抵抗性に優れ、デント種との組合せ能力が高く、一代雑種品種の親系統として利用できる。
担当機関北海道農業試験場 草地部 飼料作物育種研究室
連絡先011-857-9317
区分(部会名)草地
専門育種
研究対象飼料作物類
分類普及
背景・ねらいわが国の栽培環境への適応性の高いとうもろこしの優良F1品種を育成するためには、優秀な親自殖系統の育成が不可欠である。フリント種はデント種との組合せ能力が高く、多収F1品種の親系統として利用されてきたが、耐倒伏性に劣ることが問題とされていた。そこで、耐倒伏性に優れるフリント種の優良自殖系統を育成しようとした。
成果の内容・特徴
  1. 「Ho4×N85」(ヨーロッパフリント×北方型フリント)を母材とし、病害抵抗性、耐倒伏性、雌穂特性などについての選抜と自殖により育成した。
  2. 早晩性は北海道では「中生」に属する(表1)。
  3. 初期生育は「良」、稈長はやや高いが着雌穂高は平均的で、稈径はやや細い。雌穂は先端円錐形で粒列数は平均11.8列、子実は黄褐色で丸形である(表1)。
  4. すす紋病抵抗性およびごま葉枯病抵抗性は「やや強」、黒穂病抵抗性は「弱」で、耐倒伏性は「強」である(表2)。
  5. 採種性は、実収量で29.8kg/aと同熟期のデント種自殖系統よりやや低いが実用的な水準にある。花粉飛散程度は「中~やや良」である(表1)。
  6. デント種自殖系統との組合せ能力は高い。本系統を片親とする単交雑F1系統「北交55号」は、普及品種と比較して、耐倒伏性に優れ、多収である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. サイレージ用とうもろこしF1品種の親系統として利用できる。
  2. 黒穂病抵抗性は「弱」なので、単交雑F1育成時の交配相手には本病抵抗性の強い系統を用いる。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分経常
研究期間1984~2000
研究担当者濃沼圭一、佐藤 尚、榎 宏征、三浦康男、岡部 俊、長谷川春男、門馬栄秀、重盛 勲、高宮泰宏
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat