リバース走行トラクタと直装型フォレージハーベスタによる収穫技術

リバース走行トラクタと直装型フォレージハーベスタによる収穫技術

タイトルリバース走行トラクタと直装型フォレージハーベスタによる収穫技術
要約 後ろ向きに着座できるリバース走行トラクタに3条用の直装型フォレージハーベスタとボンネットワゴンを取り付けて、トウモロコシ等の長大作物を収穫する技術である。作業者 は後方に振り向くことなく作業ができ、転換畑等では中割作業もできる。
担当機関草地試験場 飼料生産利用部 栽培工学研究室
連絡先0287-37-7801
区分(部会名)草地
専門機械作業
研究対象飼料作物類農業機械
分類研究
背景・ねらい
 飼料生産基盤の脆弱な府県の酪農、肉用牛経営では、乾物、栄養成分の高いトウモロコシ、ソルガムの長大作物の栽培が中心となっている。このような圃場区画が小さく、分散した圃場基盤(転換畑、中山間地を含む)や飼料生産組織(コントラクタ)でも利用できるわが国独自のトラクタ作業機をベースにした収穫作業技術が求められている。そこで、トラクタを基幹としながらも、中型自走式フォレージハーベスタに匹敵する能力を持ち、一人
作業が可能な収穫技術を開発した。
成果の内容・特徴
  1. 収穫技術は、収穫部(フォレージハーベスタ)、動力部(後ろ向きに着座できるトラクタ)、荷受け部(ボンネットワゴン)からなる(表1)。フォレージハーベスタは、リバース専用3条用とし、市販機のリバースとサイド作業可能な機種をベースに直装型に改造を行ったものである。ロークロップアタッチメントは市販機を用いている。フォレージハ
    ーベスタの質量は1700kgである。
  2. リバース走行トラクタは、市販のトラクタに、N社が提供するリバース走行用のキットを取り付けることで、後ろ向きに着座して走行できる(図1)。リバース走行のための ハンドル取り替え等に要する時間は2分弱である。
  3. ボンネットワゴンの使用により伴走車が不要で、収穫作業は一人作業が可能であり、運搬車への排出は油圧によるダンプ機能により3分程度である。
  4. 転換畑でのトウモロコシの収穫作業は、枕地での手刈り作業が不要で、中割作業や倒伏に対しても適応性が高い。作業速度1.16~1.32m/sと高速で作業できる(図2)。
  5. 市販のリバース、サイド兼用タイプのフォレージハーベスタに比べて、振り向き作業やリバースからサイドへの切り替え作業が不要である。
成果の活用面・留意点
  1. 圃場区画が30a以上の畦畔を持つ転換畑等で収穫作業が能率よくできる。
  2. トラクタの機関出力は66kW級(90PS)以上を必要とするが、66kW 程度のトラクタでは前後バランスについて検討する必要がある。

予算区分畜産対応研究[自給飼料基盤]
研究期間2000~2000
研究担当者岡戸敦史、住田憲俊、澤村 篤
発表論文フォレージハーベスタ、水田を中心とした土地利用型農業活性化のための技術資料集、農林水産省、170、2000
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat