育成子牛の下部消化管の機能と組織形態への放牧効果

育成子牛の下部消化管の機能と組織形態への放牧効果

タイトル育成子牛の下部消化管の機能と組織形態への放牧効果
要約 4か月齢の育成牛は、7か月間の放牧育成により小腸及び大腸重量が増加し、筋層も厚くなる。また粘膜細胞活性を示すALP活性も高くなる
担当機関草地試験場 放牧利用部 産肉技術研
連絡先0287-37-7811
区分(部会名)草地
専門動物栄養
研究対象家畜類
分類研究
背景・ねらい
 現在我が国の肥育では、濃厚飼料多給と粗飼料不足に起因する肉牛の消化管障害が問題となっている。これに対し放牧育成は、粗飼料源として生草を十分に摂取するため消化管の発達に対して有効であると考えられる。そこで、放牧による生草摂取が消化
管の形態及び機能におよぼす影響について検討を行った。
成果の内容・特徴
  1. 放牧区の体重は舎飼区より低いが、放牧区の1-2胃、4胃、小腸、大腸重量は舎飼区より重く、放牧により下部消化管の発育が促進される。(表1)。
  2. 放牧区の盲腸及び結腸の粘膜層は舎飼区より厚く、空腸、回腸及び盲腸、結腸の筋層は舎飼区より厚いことから、放牧区の下部消化管は生草摂取による物理刺激を受けていると考えられる。舎飼区の絨毛長は放牧区より長く、濃厚飼料摂取による影響
    を受けていると考えられる(図1)。
  3. .放牧区ではALP(アルカリホスファターゼ)活性が舎飼区より高く、粘膜細胞活性が上昇する。放牧区では空腸のRNA/DNA比が舎飼区より高く、粘膜細胞のタンパク質合成能が高くなっている。放牧区の空腸ではProtein/DNA比が舎飼区より高く、粘膜細胞サイズが増大する。従って、放牧により下部消化管の粘膜細胞活性が促進さ
    れる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 放牧育成牛の消化管発育及び機能に対する基礎的知見となる。
  2. 育成時の結果である

具体的データ
(図1)
(図2)
予算区分畜産対応研究[自給飼料基盤]
研究期間2000~2000
研究担当者古賀鉄也(福岡県)、山田知哉、青木康浩、中西直人
発表論文1) Effects of Grazing on the Intestinal Morphology of Calves. Proceedings of the 9th congress of the Asian-Australian Association of Animal Production Societies. Asian-Aus.J.Anim.Sci:13(Suppl)B.277   
2)第97回日本畜産学会講演要旨:13
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat