砂糖を主材料とした誘引液を用いたイエバエの誘殺器

砂糖を主材料とした誘引液を用いたイエバエの誘殺器

タイトル砂糖を主材料とした誘引液を用いたイエバエの誘殺器
要約 殺虫剤を使用せず、砂糖を主体とした誘引液を入れた、プラスチック容器で作成したイエバエの誘殺器は、1誘殺器・1日あたり500~600個体を誘殺できる。
担当機関草地試験場 環境部 害虫制御研究室
連絡先0287-37-7557
区分(部会名)草地
専門飼育管理
研究対象昆虫類
分類普及
背景・ねらい
 イエバエの発生は、病原性大腸菌O157の問題、地域住民に与える不快感、消費者の家畜飼育環境衛生への関心の高まりなどから、重要な問題となっている。一方、殺虫剤による防除は、イエバエに薬剤への感受性の低下をもたらし、十分な効果が上がらない場合も多く、畜産物や環境に及ぼす影響などの問題点もある。防除には清掃等の衛生管理を含む、いくつかの防除法を組み合わせた総合的防除が重要である。その防除法のひとつとして、殺虫剤を使用せず、低コストの誘殺器の開発をめざした。
成果の内容・特徴
  1. 成虫の誘引液は白砂糖500g、黒砂糖100g、ドライイースト1gに水を加えて2リットルにして、攪拌して作る。1~2日おいて発酵した後に23~27%程度の界面活性剤(台所用合成洗剤)を1cc加える。
  2. 誘殺器は市販の直径15cm、高さ9cmの円筒形の透明なプラスチック容器で作成する(図1)。ふたの中心部を直径12cmの円形に切り取り、ハエの逃亡防止のため、厚さ約0.5mmのポリエチレンフィルムで内側に深さ5.5cmの壁を作る。この容器に内側の壁の下端から約1cm下まで誘引液(約350cc)を入れる。誘殺されたハエは網等で取り除き、誘引液の減少分は補充し、誘殺力が低下したら新しいものと取り替える。
  3. 農家の牛舎に設置すると、1容器・1日あたり平均500~600個体のハエが誘殺できる(図2)。誘殺数は誘殺器の設置場所によって異なり(図3)、ハエが多く見られるところに設置する。
  4. 1.5m以上の高さでは誘殺数が減少するので、誘殺器は床などの低い位置に設置する。
  5. 1誘殺器あたりの誘引液(約350cc)代は約22円である。
成果の活用面・留意点
  1. イエバエの防除に使用できる。
  2. 誘引液に合成洗剤を入れすぎると発酵しなくなり、誘殺数が少なくなる。

具体的データ
(図3)
予算区分総合的研究(家畜)
研究期間1999~2000
研究担当者神田健一
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat